授業コード 10029600 クラス
科目名 C群特殊講義(経営分析論演習Ⅱ) 単位数 2
担当者 政岡 孝宏 他 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 有価証券報告書の解読:Financial Statement Analysis WorkshopⅡ
授業の概要 上場会社が作成・公表を義務づけられている有価証券報告書には、会社に関する様々な情報が記載されています。たとえば、会社の沿革や事業内容といった会社に関する基本情報、会社の経営成績や財政状態を示す財務諸表、会社の将来展望や課題のほか、直面している事業上のリスクといったマイナス面の情報まで、多岐にわたる情報が含まれています。また、有価証券報告書は法律(金融商品取引法)に基づいて作成・開示されるものであり、公認会計士等の会計の専門家による監査も受けることから、企業のありのままの姿を知る上で非常に信頼性の高い情報といえます。コンピューターやインターネット通信網の完備された今日では、EDINET等を通じて、誰でもどこでもすぐに有価証券報告書を手にすることが出来ます。
ただし、有価証券報告書は少ない会社でも50~60ページ、多い会社では数百ページにわたります。会社の成績表である財務諸表でさえ数十ページもあります。そのため、読み解くには一定の知識や技術が必要となります。
この授業では、会社に関する情報の宝庫である有価証券報告書の読み解き方について、財務諸表の分析技術を中心に演習形式で学びます。また、実践的な会社の分析力を高めるために企業分析ディベートにも挑戦してもらいます。
学習の到達目標 有価証券報告書の読み方、とりわけ財務諸表分析の知識・技術を定着させること。
授業計画 第1回 イントロダクション
第2回 融資の視点から見た決算書の読み方(1)
第3回 融資の視点から見た決算書の読み方(2)
第4回 融資の視点から見た決算書の読み方(3)
第5回 融資の視点から見た決算書の読み方(4)
第6回 融資の視点から見た決算書の読み方(5)
第7回 融資の視点から見た決算書の読み方(6)
第8回 融資の視点から見た決算書の読み方(7)
第9回 中小企業の財務分析
第10回 企業分析ディベート(1)
第11回 企業分析ディベート(2)
第12回 企業分析ディベート(3)
第13回 企業分析ディベート(4)
第14回 企業分析ディベート(5)
第15回 企業分析ディベート(6)
授業外学習の課題 会社を分析する際には、現実社会の動きを知ることが重要です。新聞等での情報収集を怠らないようにして下さい。また、演習という講義の性質上、時間外の発表資料作成が必須になります。「履修上の注意事項」も参照して下さい。
履修上の注意事項 この授業は、最低限の会計の知識、特に財務諸表分析に関する知識があるという前提で、各自が分析・発表を担当する演習形式で行います。そのため、経営分析論ⅠおよびⅡが既修であること、または並行履修が受講の条件となります。
演習形式ですので、発表者はもちろん、参加者も入念な事前準備を怠らないようにして下さい。また、授業の性質上、無遅刻・無欠席を厳守して下さい。
なお、履修人数に制限を設ける場合があります。1回目の授業には必ず参加して下さい。
成績評価の方法・基準 発表内容50%、平常点50%で評価します。
テキスト 授業中に適宜紹介します。
参考文献 授業中に適宜紹介します。
主な関連科目 経営分析論
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業内容等に関する質問は授業開始前後のほか、メールでも受け付けています。メールの送り方等については、ホームページ(http://ns1.shudo-u.ac.jp/~masaoka/html/contact.html)の指定様式を厳守してください。
なお、水曜日の13時~14時をオフィス・アワー(研究室)としています。必ず3号館1階受付で在室確認の上、訪問するようにしてください。出張・委員会等で不在の場合もあるので、メール等での事前連絡が望ましいです。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(C群) 2007~2016 3・4
商学部経営学科(C群) 2011~2016 3・4