授業コード 10028600 クラス
科目名 B群特殊講義(アルゴリズムとプログラミング演習) 単位数 2
担当者 高濱 節子 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 アルゴリズムとプログラミング演習
授業の概要  経営科学における問題解決にコンピュータの利用は不可欠である.しかし,コンピュータを利用する前に必要なのが問題解決のための手順(アルゴリズム)を考えることである.プログラムは,アルゴリズムをコンピュータ上で実現したものである.
この授業は,アルゴリズムの作成,それを実現するプログラムの作成という一連の演習を通して,論理的な思考と基礎的なプログラミング技能の修得を目指すものである.
プログラミングの基礎となる基本的なアルゴリズムとデータ構造,プログラミング文法について講義する.さらに,アルゴリズムの読み取りと作成,プログラミングの演習を行う.
 通常の講義・演習とShudo Moodle(e-Learningシステム)を並行して用いる.
学習の到達目標 基本的なデータ構造とアルゴリズムを理解し,C言語を用いたプログラムが作成できる.
授業計画 第1回 オリエンテーション,環境設定,CUI環境を使ってみよう.
第2回 プログラミングの基礎知識(プログラムの基本構造,記述から実行まで), テキストエディタを使ってみよう(プログラムの編集等の演習)
第3回 簡単なプログラム①(文字列定数,数値定数の出力,四則演算と式)
第4回 簡単なプログラム②(変数,数値の入力)
第5回 条件による処理の分岐①(2つの場合分け if文,比較と判断)
第6回 条件による処理の分岐②(3つ以上の場合分け if文, else文,switch文)
第7回 処理の繰り返し①(回数が決まった繰り返し for文)
第8回 処理の繰り返し②(回数が決まっていない繰り返し do文, while文)
第9回 中間まとめと振り返り
第10回 配列①(配列の考え方,配列と繰り返し,配列の初期化,マクロの利用)
第11回 配列②(多次元配列,表の計算)
第12回 関数①(関数の定義と呼び出し,値の受け渡し)
第13回 関数②(ローカル変数,グローバル変数,プロトタイプ宣言)
第14回 文字と文字列の操作
第15回 関数③(配列データの受け渡し,文字列の受け渡し)
授業外学習の課題 授業で取り上げたテーマや例題を発展した課題について,アルゴリズムを作成し,それに基づいたプログラムを作成する.
履修上の注意事項 ①経営情報や経営科学に強い興味関心を持ち,これらにおける科学的手法を自分で作成したプログラムによって検証し,問題解決に役立てたいと考える学生を優先的に歓迎する.ただし,1分間にアルファベット90字程度以上のタイピング速度を前提とするので,それに達していない場合は自主的なタイピング練習によるスキル向上が必要である.
②アルゴリズムの作成と理解,C言語によるプログラミングの演習に重点を置くため,コンピュータ操作や論理思考が必要な数学・統計に苦手意識を持つ学生は苦労すると思われる.
③受講希望者が教室定員より多い場合には,経営情報ゼミナール生と2年次生を優先する形で第1回目の授業の開始前に選考を行います.日時は教務の掲示板でお知らせします.
④自宅等からe-Learning学習をするために,ブロードバンドのインターネット環境があることが望ましい.
⑤実習が中心となるので,毎回出席すること重要である.
成績評価の方法・基準 欠席回数が5回以上の場合はD評価とする.テキストを購入していない場合もD評価とする.
積極的な授業への取り組み(演習等の取り組み状況) 20%, 課題40%,期末試験40%
テキスト 柴田望洋『新明解C言語 入門編』 ISBN:978-4-7973-7702-6 SBクリエイティブ株式会社
本体価格2300円+税 修大生協
参考文献 適宜,指示する.
主な関連科目 情報処理(EXCEL,WORD), 情報科学概論,経営情報論
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
質問は原則的には,授業開始前,授業中及び授業終了時に受け付けます.授業時以外に質問する場合には,メールで事前に連絡を取るようにして下さい..

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(B群) 2011~2016 2・3・4
商学部経営学科(B群) 2011~2016 2・3・4