授業コード 10028500 クラス
科目名 C群特殊講義(職業選択と自己実現) 単位数 2
担当者 山本 和史 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 自律的なキャリア開発の養成に向けて
授業の概要 本講義では、職業選択とキャリアの自己実現を考察するために
理論と実学の両面を学ぶ機会を5点設けている。
①社会人として必要とされるスキルを学ぶ。
②21世紀のキャリアの環境やキャリアの3つのポイント等を考察する。
③ジェネリックスキルの測定(⇒自己分析:自己理解力を高める。)
④外部のゲストスピーカーによる講話(未来のキャリアに活かす)。
⑤企業研究(2社)行い、グループ単位で資料を作成し発表する。


履修生の3年生は就職活動に繋げる。
4年生は社会人として肝要される行動や思考を考察する。


・講義は事前課題(予習)をもとに、グループ単位で議論及び発表を行い
 自律力を高める。
・第1回目の授業では、今までの大学生活と就職活動に関するアンケートを
 行い大学生活を振返る。
・政治、経済、グローバル、企業、就職の領域の情報を授業で共有する。
学習の到達目標 ・講義、企業研究、外部のゲストスピーカー等から学んだことを
 自身の職業選択(就職活動)及び大学卒業後のキャリア(人生)に活かし
 自律的にキャリア開発できるようになる。
授業計画 第1回 オリエンテーション
・授業の概要説明、評価について、キャリアの定義の確認。
・大学生活等に関するアンケートの実施他。
第2回 社会人講話(1)
・外部ゲストスピーカーによる講話。
・今後のキャリア(人生)を考察する。
第3回 働き方の未来を予測する
・「働き方の未来を予測する」(資料配布)について予習をし、
 予習の内容についてグループで議論を行い発表する。
・企業研究の進め方について。
第4回 21世紀のキャリア環境
・「21世紀のキャリア環境」(資料配布)について予習をし、
 予習の内容についてグループで議論を行い発表する。
・研究対象企業を決定し議論を進める。
第5回 21世紀のキャリア3つのポイント(1)
・「21世紀のキャリア3つのポイント」(資料配布)について予習をし、
 予習の内容についてグループで議論を行い発表する。
・企業研究について考察、議論、作成を行う。
第6回 自己分析と自己認知(1)
・リテラシースキルの測定。
第7回 自己分析と自己認知(2)
・コンピテンシースキルの測定。
21世紀のキャリアのポイント(2)
・「21世紀のキャリアの3つのポイント」(資料配布)について予習をし、
 予習の内容についてグループで議論を行い発表する。
第8回 業界及び企業研究会の実施
・企業の採用担当者から直接業界及び企業説明を受け、企業研究を行う。
第9回 企業研究(1)
・企業研究の情報を議論し資料を作成する。
第10回 企業研究(2)
・企業研究の情報を議論し資料を作成する。
第11回 ・企業研究発表大会(1)
第12回 ・企業研究発表大会(2)
第13回 社会人講話(2)
・外部スピーカーによる講話。
・今後のキャリア(人生)を考察する。
第14回 自己認知と自己開発
・リテラシースキルとコンピテンシースキルの診断結果の報告。
・自己の価値観を発見(自己分析)し仕事観を考察する。
第15回 総括(キャリアビジョン、就活論)
・自己分析と自己開発
授業外学習の課題 ・企業研究を実施します。
・複数のホームワークが必要(履修上の注意事項参照)。
履修上の注意事項 ・企業研究をグループで行い発表する。
・ホームワーク(予習)が必要である。
 ①参考図書など配布資料の読込み。 
 *参考図書及び配布資料については、タイムリーな話題や情報をベースする
  ため、当初予定している資料を見直すことがある。
 ②予習シート作成、提出。
 ③新聞及びWeb等から政治・経済・グローバル・企業・就職の領域を中心に情報を
  入手し、情報共有を行う。
・企業研究を2社実施。1社については、企業の採用担当者から直接企業や
 業界の説明を受け、企業研究を行う。
・履修者数が多い場合、授業の進め方を見直し変更することがある。
・当該学部生の受講状況をみて他学部履修が制限されることがある。
成績評価の方法・基準 ・企業研究含め講義への積極的な態度(出席、予習シートの提出、発表等)⇒60%
・課題レポート提出2点⇒40%
テキスト テキストは指定しません。
必要な資料は適宜授業で配布。
参考文献 高橋俊介『21世紀のキャリア論』東洋新聞経済社 2012年
高橋俊介『自分らしい働き方キャリアのつくり方』PHP研究所2009年
阿部正浩他編『キャリアのみかた』有斐閣 2011年
濱口桂一郎『若者と労働』中央公論新社 2013年
主な関連科目 大学生活とキャリア形成、ビジネスキャリアプラン、キャリアと人生、キャリアデザイン論、
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
質問・相談は、授業終了時に受け付けます。また、オフィスアワー(月曜日・5時限)を利用して、研究室に質問・相談に来て下さい(ただし、会議や出張などで不在の場合もあるので、メール等での事前連絡が望ましい)。それ以外の日時でも、メール等で事前に問い合わせをもらえれば、時間調整して対応します。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(C群) 2007~2016 3・4
商学部経営学科(C群) 2011~2016 3・4