授業コード 10027200 クラス
科目名 C群特殊講義(小売形態論) 単位数 2
担当者 山根 寛之 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 日本における小売業の業態革新 Retailing forms innovation in Japan
授業の概要 自然科学者ダーウィンが自らの進化論で、突然変異によって様々な
生物が生まれる中、偶然自然環境に適応したものだけが生き残るという
「自然淘汰」を唱えたが、小売業界もその歴史の中で、社会情勢や
経済環境、消費者ニーズ等の変化に対して、創造的にそれらに適応した
業態がその地位を確立し、発展してきた。

本講義では、様々な小売形態について、その業態革新の歴史及び
現状を学び、わが国の小売業の将来的な課題を考察していく。
学習の到達目標 様々な小売形態の歴史及び特徴を理解し、小売業界への興味及び
問題意識を醸成する。また、受講生の就職活動にも役立つ業界
研究へ繋げる。
授業計画 第1回 わが国の小売業の現状を概観する
第2回 小売業における分化と統合
第3回 小売形態の分類と説明
第4回 第2次世界大戦後のわが国小売流通世界におけるパラダイム変化
第5回 百貨店の革新性とその変容(高級化の進行と効率の追求)
第6回 総合量販店の革新性とその変容
第7回 食品スーパーの革新性(製造業的事業システムとその革新プロセス)
第8回 コンビニエンスストアの革新性(セブン-イレブンの事業システムを通して)
第9回 専門量販店の革新性とその変容(ドラッグストア業態に焦点を当てて)
第10回 製造卸による小売業展開における競争構造の変化(SPAの源流)
第11回 商業集積(海外と日本の商業集積の歴史的次元・商店街の歴史と特徴)
第12回 ショッピングセンターの革新性と変容Ⅰ(SC発展史・変遷と現状)
第13回 ショッピングセンターの革新性と変容Ⅱ(SCを取り巻く環境・事業スキームの変化)
ネット型小売の革新性とその変容(楽天市場の変遷を通して)
第14回 アメリカにおける小売業態の発展
第15回 これまでの講義のまとめ・小売業の新しい取組みと課題
授業外学習の課題 この講義の目的は、知識の習得に加えて、問題意識・興味の醸成にあります。
講義の中で紹介する事例企業を参考に、自分の興味ある小売業界を見つけて、
現状や課題を研究してみてください。
履修上の注意事項 1.授業中の私語は、他の受講生へ迷惑をかけることになりますので、
  本講義への興味だけでなく、自己責任をもった受講を希望します。
2.定期試験とリアクション・ペーパー(毎回講義内容の定着度確認:
  そのうち3回は小テスト形式で評価対象)によって評価します。
成績評価の方法・基準 定期試験:55%、リアクション・ペーパー(毎回講義内容の定着度確認:
そのうち3回は小テスト形式で評価対象):45%
を目安に総合的に評価します。
テキスト 中央経済社 シリーズ流通体系1 小売業の業態革新
石井淳蔵・向山雅夫(編者) <第4回~第13回>
授業ではレジュメも配布します。
参考文献 必要に応じて随時紹介します。
主な関連科目 商学概論、流通論、流通政策論、マーケティング戦略論、マーケティングリサーチ、
地域商業論、商業論
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
質問・相談は、基本的に講義終了時に対応します。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(C群) 2011~2016 3・4
商学部経営学科(C群) 2011~2016 3・4