授業コード 10027100 クラス
科目名 C群特殊講義(金融実務Ⅱ) 単位数 2
担当者 仲村 靖 他 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 金融実務Ⅱ Financial Practices Ⅱ
授業の概要  金融に関する理論を学んでいく中で、それが実際の金融機関においてどのように適用されているのかを知ることは、将来金融実務に携わることを目指している人にとって、文献学習にとどまらない貴重な知識を得ることができるばかりでなく、学習意欲をさらに刺激する良い機会になるであろう。
 本講義は、中四国九州における最大規模の信用金庫である広島信用金庫から金融業務に精通した実務家講師を派遣していただき、地域金融機関における様々な金融業務の社会的役割、実際の流れ、注意事項などを解説してもらうものである。
学習の到達目標 地域金融機関の社会的役割と実務に関する理解を深めることができる。
授業計画 第1回 ガイダンス(本講義の意義、全体の流れ、履修上の注意事項など)
第2回 金融機関の種類、信用金庫の概要
第3回 金融機関の営業戦略・マーケティング戦略、営業体制、店舗戦略
第4回 金融機関の営業戦略について 規制緩和、ライフプランに応じた金融サービス、個人マーケットへの取組
第5回 金融市場の概要、為替の相場・動向、景気動向とその影響、投資の基本
第6回 企業活動と金融、信用金庫の融資の特徴、融資業務の基本
第7回 営業支援部の業務について
第8回 現場の視点から、若手職員に求められるもの
第9回 金融サポート業務の取組(事業承継、相続、信託、医療分野)
第10回 ビジネスマッチングの様々な取組、海外ビジネス支援
第11回 広島県農業の現状、アグリビジネスへの支援・取組
第12回 金融機関の収益 金融機関を見るポイント(新聞記事、格付、数字)
第13回 金融機関のコンプライアンス 行動基準10か条、コンプライアンス徹底への取組、事例紹介
第14回 地域貢献活動
第15回 金融機関人に求められるもの
授業外学習の課題 既に学習した内容を前提として講義が展開されていきますので、分からなかった事柄は、質問するなり自分で調べるなりして、積み残したままにしないようにしましょう。受講前に前回までのノートを復習しておくと、講義の理解がスムーズになるでしょう。
履修上の注意事項 金融分野に特に関心がある学生が履修して下さい。履修制限をする場合があります。
授業中の私語やスマートフォンの私用操作は,授業への取り組みを妨げるので厳禁です。
成績評価の方法・基準 受講態度20%、リアクション・ペーパー30%、学年末試験50%で評価します。出席が10回に満たない場合、単位は取得できません。遅刻・欠席は減点します(遅刻は2回で欠席1回の扱いとなります)。
テキスト なし。必要な資料等はプリントして配布します。
参考文献 適宜指示する。
主な関連科目 C群特殊講義(金融実務Ⅰ)、C群特殊講義(信用組合論)、金融システム論・金融政策論、外国為替論・国際金融論、保険論・リスク管理論、証券市場論Ⅰ・Ⅱ
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
①まず、授業中に質問してください。
②授業中が難ければ、授業終了後に質問してください。
③これも難しい場合は、アポイントメントを取ってください。時間を調整します。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(C群) 2011~2016 3・4
商学部経営学科(C群) 2011~2016 3・4