授業コード 10023400 クラス
科目名 国際会計入門 単位数 2
担当者 中田 清 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 国際会計基準(IFRS)を理解する
授業の概要 企業活動のグローバル化と証券金融市場の発展・グローバル化により、国際会計基準(IFRS)の重要性が増してきました。わが国では、2007年からIFRSとの差異の解消を図るコンバージェンス(収斂化)が進められてきています。さらに、将来的にはアドプション(採用)が検討されています。
本授業では、まずIFRSの生成・展開と特徴、IFRSへのわが国の対応を学習します。その後いくつかの個別の国際会計基準を取り上げ、その内容を吟味します。
なお、毎時間プリントを配布します。
学習の到達目標 1.会計基準の国際的統一化の必要性が理解できる。
2,国際会計基準の特徴が理解できる。
授業計画 第1回 はじめに
第2回 会計と会計基準
第3回 日本の会計基準
第4回 アメリカの会計基準
第5回 国際会計基準(IFRS)を学ぶ意義
第6回 IFRS学習上のポイント
第7回 IFRSの特徴
第8回 概念フレームワーク
第9回 公正価値および現在価値の概念
第10回 IFRSに基づく財務諸表
第11回 IFRSへの日本の対応
第12回 個別基準(1)-収益認識
第13回 個別基準(2)-無形資産
第14回 個別基準(3)-資産の減損
第15回 個別基準(4)-リース
授業外学習の課題 ① 課題は翌週の授業開始時に提出すること。
② 毎時間配布するプリントに、「次回のための準備」として、予習すべきことを明示するので、予習を行うこと。
③ 配付プリントはファイリングして毎時間持参すること。
④ プリントは毎時間講義開始時に配布する。
履修上の注意事項 ・簿記・会計に関する基礎的知識が必要である。特に2年次前期の「会計学原理Ⅰ」「中級簿記Ⅰ」を履修済であること。また、後期の「会計学原理Ⅱ」「中級簿記Ⅱ」を履修すること。
・電卓を持参すること。

【この科目は、グローバルコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。※ただし、一部の学部・学科では配当されていない場合があります。】
成績評価の方法・基準 定期試験(70%)、受講態度および課題提出(30%)を目安にを総合的に評価する。
テキスト 橋本尚、山田善隆著『IFRS会計学 基本テキスト』中央経済社。
参考文献 ・古賀智敏著『グローバル財務会計』森山書店。
・深見浩一郎『IFRSの会計-国際会計基準の潮流を読む-』光文社。
・桜井久勝編著『テキスト国際会計基準』白桃書房。
・川北博、橋本尚著『ゼロからわかる国際財務報告基準』税務経理協会。
・秋葉賢一著『エッセンシャル IFRS』中央経済社。
主な関連科目 簿記原理Ⅰ、簿記原理Ⅱ、中級簿記Ⅰ、中級簿記Ⅱ、会計学原理Ⅰ、会計学原理Ⅱ。
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業終了後または月曜日4時限のオフィス・アワーに対応します。
URLリンク 国際会計基準審議会(IASB)
URLリンク 企業会計基準委員会
URLリンク 日本公認会計士協会

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(B群) 2011~2016 2・3・4
商学部経営学科(B群) 2011~2016 2・3・4