授業コード 10023300 クラス
科目名 キャリアデザイン論 単位数 2
担当者 木村 弘 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 キャリア形成の基礎
授業の概要  現代の企業では、情報化やグローバリゼーションの進展に伴い、旧来の長期雇用慣行や集団管理が機能しなくなっています。多様な価値観、ニーズ、技能や適性を持った人的資源を個別管理する方向に転換を図りつつあります。
 一方、従業員側も、エンプロイアビリティ(雇用されうる能力)を向上させることで自分の価値を高め、継続雇用される、あるいは転職することが可能になるキャリアを開発していくことが必要であると認識するようになりました。
 キャリア(職業生活)を納得して送るにはどうすればいいのか。入社、昇進、転職など、人生の節目には自分自身を見つめなおし、将来の方向性をじっくり考えることは、働く人すべてに必要です。
 本講義では、キャリア開発の基礎理論を講義とワーク(含む、事例研究)を通して学びながら、時代に即応したキャリアデザインとそのプロセスおよびコンピテンシーについて理解を深めていきます。
学習の到達目標 キャリア開発やキャリア設計に関する基本的な知識を習得し、自らのキャリア設計が描けるとともに簡潔なプレゼンテーションができるようになる。
授業計画 第1回 ガイダンス
第2回 キャリアとは? キャリアをデザインするとは?
第3回 自己を知る(基礎理論①と共有化ワーク)
第4回 自己を知る(基礎理論②と共有化ワーク)
第5回 自己を知る(基礎理論③と共有化ワーク)
第6回 環境を知る①
    (企業を取り巻く環境変化~求められる人材)
第7回 環境を知る②
    (戦略マネジメントの視点を活用)
第8回 自己を知る(基礎理論④と共有化ワーク)
第9回 事例研究
第10回 将来ビジョンづくり①
第11回 キャリア資産の構築
第12回 女性キャリア特有の問題
第13回 労働に関する基本的理解
第14回 将来ビジョンづくり②
第15回 まとめ
授業外学習の課題 新聞、雑誌、テレビ(特に、テレビ東京系「ガイヤの夜明け」など)でキャリアに関する情報を収集しておくこと。
履修上の注意事項 グループあるいはペア・ワークを組み入れています。
また、基本的には毎回、グループを変更します。
積極的に参加し、関わりの中で新たな自分を発見して下さい。
成績評価の方法・基準 定期試験70%,レポート等30%で評価する。
テキスト 大久保幸夫『キャリアデザイン入門Ⅰ第2版≪基礎力編≫』日経文庫,2016年。
小山 昇『仕事ができる人の心得』阪急コミュニケーションズ,2012年。
参考文献 大久保幸夫『キャリアデザイン入門Ⅱ』日経文庫、2006年
金井壽宏『働くひとのためのキャリア・デザイン』PHP新書、2002年
稲葉祐之ほか『キャリアで語る経営組織』有斐閣アルマ、2010年
田路則子、月岡亮『キャリアデザイン』ファーストプレス、2008年
主な関連科目 コーチング、人材マネジメント論、ビジネスキャリアプランニング
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
質問があれば適宜対応します。
講義中でも質問してください。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(B群) 2011~2016 2・3・4
商学部経営学科(B群) 2011~2016 2・3・4