授業コード 10022600 クラス
科目名 C群特殊講義(対中貿易・投資) 単位数 2
担当者 森田 憲 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 中国の経済改革と貿易・投資 Economic Reforms, Foreign Trade and FDI in China
授業の概要 中国の開発モデルと貿易・投資の関係について考える。
学習の到達目標 (1)中国の開発モデルについて、中国全般ならびに長江デルタ地域の地域的特徴を適切に把握できていること、および
(2)中国の貿易・投資の現状およびリスク要因について、地域経済の視点から正しく理解できていること、が本授業の到達目標である。
授業計画 第1回 講義の内容に関するガイダンス
第2回 中国における発展モデル(1)対内直接投資
第3回 中国における発展モデル(2)対内直接投資
第4回 中国における発展モデル(3)貿易
第5回 中国における発展モデル(4)貿易
第6回 中国経済(1)長江デルタにおけるサブモデル
第7回 中国経済(2)長江デルタにおけるサブモデル
第8回 中国経済(3)長江デルタにおけるサブモデル
第9回 中国経済(4)長江デルタにおけるサブモデル
第10回 中国経済(5)温帯効果
第11回 中国経済(6)熱帯の罠
第12回 中国における地域経済(1)義烏モデル
第13回 中国における地域経済(1)義烏モデル
第14回 中国における地域経済(1)温州モデル
第15回 中国における地域経済(1)温州モデル
授業外学習の課題 毎回、予定しているテキストのそれぞれの章についての予習および復習を課題として指示する。
履修上の注意事項 日々のニュースに接するように心掛けること、また講義中の私語ならびに教室への無用な出入りは控えること。
成績評価の方法・基準 成績評価は、授業内容の理解の確認のために数回行う小テスト(30%)ならびに定期テスト(70%)によって判断する。
テキスト 陳雲・森田憲、『中国モデルと格差』、多賀出版、2015年。
参考文献 陳雲・森田憲、『中国の体制移行と発展の政治経済学』、多賀出版、2010年。
森田憲・陳雲、『中国の経済改革と資本市場』、多賀出版、2009年。
主な関連科目 途上国経済論、欧米経済論等。
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業の最後10分ほどが質問の時間にあてられ、またオフィス・アワー(曜日・時限は未定)が質問・相談の時間にあてられる。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(C群) 2007~2016 3・4
商学部経営学科(C群) 2011~2016 3・4