授業コード 10020300 クラス
科目名 B群特殊講義(貿易実践Ⅱ) 単位数 2
担当者 新本 寛之 他 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 広島ブランド産品の中国市場販売戦略
授業の概要  貿易実践Ⅱでは、広島ブランド産品あるいは広島地元企業より提供していただいた素材をもとに開発した商品等について、中国市場をターゲットに販売戦略を練ります。グループワークとなります。特に優れた開発商品については、特許権あるいは実用新案権登録の申請を試みます。
 上記の実践的体験を通じて、より具体的でわかりやすい授業を展開します。成果については、パワーポイントを活用したプレゼンテーションの機会を設けます。
学習の到達目標 ◎「広島ブランド産品の中国市場販売戦略」の実践的体験を通じて、専門知識の修得ならびにビジネス・スピリットの涵養と「グローカル」に活躍できる人材の育成を目指します。
授業計画 第1回 ガイダンス
第2回 商品開発戦略知識①
マーケティング
第3回 商品開発戦略知識②
第4回 広島ブランド産品の中国市場販売戦略①
広島ブランド産品研究
第5回 広島ブランド産品の中国市場販売戦略②
広島企業研究
第6回 広島ブランド産品の中国市場販売戦略③
中国市場調査
第7回 広島ブランド産品の中国市場販売戦略④
中国市場ターゲット選定
第8回 広島ブランド産品の中国市場販売戦略⑤
中国市場販売戦略
第9回 広島ブランド産品の中国市場販売戦略⑥
中間報告会資料準備
第10回 広島ブランド産品の中国市場販売戦略⑦
中間報告会資料準備
第11回 中間報告会
プレゼンテーションスキル
第12回 広島ブランド産品の中国市場販売戦略⑧
中国市場販売戦略修正
第13回 広島ブランド産品の中国市場販売戦略⑨
最終報告会資料準備
第14回 広島ブランド産品の中国市場販売戦略⑩
最終報告会資料準備
第15回 最終報告会
授業外学習の課題 ◎授業はグループ・ワークを主とします。事前研究なくして有益な授業展開は望めません。グループで設定する各授業のテーマ計画にもとづいた周到な準備を求めます。
◎各グループ・ワークの結論を、次回のグループ・ワークにつなげる確認作業を課します。
◎グループごとの成果報告の準備を課します。
◎レポートの提出を課します。テーマ、形式、提出期限等の詳細については、ガイダンスおよび教務課の掲示板を通じて連絡します。
履修上の注意事項 ◎貿易商務論・国際商取引論の履修者を優先します。
◎最初のガイダンスには必ず出席して下さい。
◎グループ単位で活動するため、欠席には厳しく対応します。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。】
【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)のPBL科目です。】
成績評価の方法・基準 授業への取り組み60%、ミニッツペーパー&レポート40%で評価します。
テキスト 必要に応じて資料を配布します。
参考文献 授業の中で紹介します。
主な関連科目 貿易商務論、国際商取引論、国際貿易論、アジア経済論、マーケティング論、マーケティング・リサーチなど。
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
◎授業中に配布するミニッツ・ペーパーを使用します。あるいは授業終了時に直接対応します。
◎水曜日15時~17時をオフィス・アワーにあてています。研究室(3号館4階)までどうぞ。ただし、会議等で不在の場合もあるのでメール等での事前連絡が望ましいです。
◎メールでも対応します。メール・アドレスはガイダンスで伝えます。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(B群) 2007~2016 2・3・4
商学部経営学科(B群) 2011~2016 2・3・4