授業コード 10016200 クラス
科目名 国際経営戦略論 単位数 2
担当者 米田 邦彦 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 企業の国際経営戦略を学ぶ
授業の概要 国際経営論は比較的新しい学問である。EECの成立に対応して米国企業の国際化が進んだ1950年代後半ごろから国際経営に関する研究が盛んになりはじめた。
 国際経営論は,国境をこえる経営である。国境をこえると,国内の経営とは異なる点がさまざまなところで出てくる。国内の経営では,法律,政治,経済,文化など自国のものだけを考えれば良かったが,国際経営となると国境をこえるだけ異なった法律,政治,経済,文化がある。こうした問題を検討する。 
 したがって,国境を越えることに伴う様々な問題を扱うため,複雑で含まれる内容が多いように思うであろう。実際,経営学,会計学など商学部の専門科目の全般的なことについてその国際的な問題を扱うことになる。
 この科目を履修することによって経営学を幅広く学ぶことが出来る。また,国によって経営が異なることを学ぶことでいろいろな視点から物事を見ることが出来るようになると期待される。
学習の到達目標 1.一国内での経営と国際経営の違いが説明できるようになる。
2.国際経営の基本的な用語を説明できるようになる。
3.講義で学んだことから実際の企業の海外活動を意味づけることができるようになる。
授業計画 第1回 ガイダンスとトランスナショナル組織
第2回 トランスナショナル組織 その2
第3回 国際人的資源管理
第4回 国際人的資源管理 その2
第5回 異文化マネジメント
第6回 事例研究1
第7回 グローバル情報ネットワーク
第8回 サービス化と国際ビジネス その1
第9回 サービス化と国際ビジネス その2
第10回 在日外資系企業
第11回 新興市場と日本企業 その1
第12回 新興市場と日本企業 その2
第13回 国際ビジネスの進化・共進化
第14回 事例研究2
第15回 全体のまとめ
授業外学習の課題 1.各回の講義内容と関連する部分をテキストで読んでおくこと。
2.第1回から第5回,第6回から第10回,第11回から第14回のそれぞれ用語レポートの課題を提出すること。
3.実際の企業の海外活動に関する新聞記事,雑誌記事を自分で見つけ,講義とどのように関係するかについてレポートを書く。
 上記2と3の課題の締め切りは第1回目のガイダンス時に配布用シラバスで説明する。
履修上の注意事項 国際経営を学ぶには,経営学がある程度わかっている必要がある。下記の「主な関連科目」にある科目を履修しておくか,自分で経営学の基礎的な文献を読んでおくことが望ましい。
成績評価の方法・基準 授業中に行うミニッツペーパーと小テスト15%,レポート25%,試験60%で評価する。
テキスト 江夏健一・桑名義晴編著『理論とケースで学ぶ国際ビジネス(三訂版)』同文館出版、2012年
参考文献 林倬史・古井仁編『多国籍企業とグローバルビジネス』税務経理協会、2012年
江夏健一・太田正孝・藤井健〔編〕『国際ビジネス入門 (シリーズ国際ビジネス1)』中央経済社 2008年
吉原英樹〔編〕『国際経営論への招待』有斐閣 2002年
江夏 健一・土井 一生・菅原 秀幸・高井 透(編)『グローバル企業の市場創造 (シリーズ国際ビジネス3)』中央経済社,2008年
吉原秀樹・板垣博・諸上茂人(編)『ケースブック国際経営』有斐閣,2003年。
その他は、講義の中で適宜紹介する。
主な関連科目 経営学総論、経営管理論、経営組織論、企業形態論、企業行動論、人材マネジメント論、経営史、西洋経営史、経営情報論、中小企業論、生産管理論、流通論、マーケティング論など
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
1.質問・相談は,基本的に講義終了時に受け付けます。
2.木曜5時限目に研究室で質問・相談を受け付けます。ただし、できるだけ下記のメールで予約してください。
3.メールでの問い合わせは yoneda&&ns1.shudo-u.ac.jpで受け付けます。
(&&の部分を@に変更してください。迷惑メール対策で,ネット上で自動的にメールを収集するプログラムの網にかからないようにするためこのようにしています。)

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(C群) 2007~2016 3・4
商学部経営学科(C群) 2011~2016 3・4
法学部国際政治学科(C群) 2007~2016 3・4