授業コード 10013000 クラス
科目名 企業形態論 単位数 2
担当者 米田 邦彦 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 企業とは何かを考える。
授業の概要 この授業では、企業とは何か、企業形態の歴史、企業形態の分類、株式会社、企業と市場、競争と独占、所有と支配について学び、企業を多角的に理解する。
学習の到達目標 企業形態の発展の歴史と企業形態の類型を知る。
企業と市場との関係を理解する。
競争と独占を企業から理解する。
所有と支配、統治構造を理解する。
授業計画 第1回 ガイダンス
企業とは何か(1) 起業
第2回 企業とは何か(2) リターンとリスク
第3回 企業形態(1) ソキエタス、コンメンダ、パートナーシップ、東インド会社
第4回 企業形態(2) 合名会社、合資会社、合同会社
第5回 企業形態(3) 株式会社
第6回 企業と市場(1) 企業と労働力市場
第7回 企業と市場(2) 企業と商品・サービス市場
第8回 企業と市場(3) 企業と資本市場
第9回 競争と独占(1) 独占・寡占価格、系列
第10回 競争と独占(2) M&A
第11回 競争と独占(3) 経営統合と持株会社
第12回 競争と独占(4) 提携
第13回 所有と経営(1) 個人大株主支配
第14回 所有と経営(2) 経営者支配・法人大株主支配
第15回 所有と経営(3) 機関投資家支配
授業外学習の課題 1.各回の講義内容と関連する部分をテキストで読んでおくこと。
2.第1回から第4回,第5回から第9回,第10回から第15回のそれぞれ用語レポートの課題を提出すること。
3.授業に関連する新聞記事や雑誌記事を自分で見つけ,講義とどのように関係するかについてレポートを書く。
 上記2と3の課題の締め切りは第1回目のガイダンス時に配布用シラバスで説明する。
履修上の注意事項 新聞の経済記事を読み、企業の運営と経済の仕組みを理解する。

【この科目は、グローバルコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。※ただし、一部の学部・学科では配当されていない場合があります。】
成績評価の方法・基準 授業中に行うミニッツペーパーと小テスト15%,レポート25%,試験60%で評価する。
テキスト 坂本恒夫・大坂良宏・鳥居陽介 編著『テキスト 現代企業論(第4版)』同文館出版 2015年
参考文献 講義の中で適宜紹介する。
主な関連科目 経営学総論 企業行動論
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
1.質問・相談は,基本的に講義終了時に受け付けます。
2.木曜5時限目に研究室で質問・相談を受け付けます。できるだけ下記のメールで予約してください。
3.メールでの問い合わせは yoneda&&ns1.shudo-u.ac.jpで受け付けます。
(&&の部分を@に変更してください。迷惑メール対策で,ネット上で自動的にメールを収集するプログラムの網にかからないようにするためこのようにしています。)

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(E群) 2007~2016 2・3・4
商学部経営学科(B群) 2011~2016 2・3・4