授業コード 10012800 クラス
科目名 原価管理論Ⅰ 単位数 2
担当者 陳 豊隆 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 コスト・ダウン、利益管理、意思決定などの諸手法を学習する
授業の概要 近年、経営のグローバル化が進み、国際的競争がますます激しくなり、効果的かつ合理的な企業経営を行うために適切な管理会計の知識が不可欠である。本講義は2年次で修得した原価計算制度の基本的な知識に基づいて、より高度な原価計算技法、または原価管理手法である標準原価計算、直接原価計算、CVP分析、意思決定会計、戦略的原価計算などを学習する。
学習の到達目標 第1の到達目標は、より専門的かつ実践的な原価管理の知識とテクニックを身につけること。第2の目標は、日商簿記検定1級(原価計算と工業簿記)の実力を身につけること。
授業計画 第1回 全体のガイダンスと原価計算の意義
第2回 原価計算の概念(テキストの第1講の内容)
第3回 原価計算制度と原価分類(テキストの第1講の内容)
第4回 費目別計算Ⅰ(テキストの第2講の内容)
第5回 費目別計算Ⅱ(テキストの第2講の内容)
第6回 単純個別原価計算(テキストの第3講の内容)
第7回 仕損じの処理(テキストの第3講の内容)
第8回 製造間接費の予定配賦Ⅰ(テキストの第3講の内容)
第9回 製造間接費の予定配賦Ⅱ(テキストの第3講の内容)
第10回 単純総合原価計算(テキストの第4講の内容)
第11回 度外視法と非度外視法(テキストの第4講の内容)
第12回 修正先入先出法と純粋先入先出法(テキストの第4講の内容)
第13回 部門別個別原価計算(テキストの第5講の内容)
第14回 補助部門費の配賦Ⅰ(テキストの第5講の内容)
第15回 補助部門費の配賦Ⅱ(テキストの第5講の内容)
授業外学習の課題 Ⅰ、毎回の授業前に授業計画に沿った当該箇所を読んでおくこと(一回授業の進み具合は5頁~10頁前後)。
Ⅱ、毎回の講義の終了時に、次回までに提出する宿題を渡し、授業外学習を強く要求しています。
Ⅲ、原価管理を理解するためには、問題を解くことが不可欠です。よって、テキストに書かれてある例題と章末の問題は必ず解いて、復習を行うこと。理解できない箇所があれば、次回の授業中に質問すること。
履修上の注意事項 Ⅰ、「原価管理論Ⅰ」が上級者向けの授業科目なので、「原価計算論Ⅰ・Ⅱ」を履修済みの学生、または同等な学力(日商簿記検定試験2級以上の合格)を有する学生からの履修はもっとも望ましい。
Ⅱ、計算問題を解くことは理論を理解するために欠かせない作業なので、「原価管理演習Ⅰ」も同時に履修すれば、相乗効果が得られます。
Ⅲ、授業中、常に電卓を使用するので、電卓の持参を忘れないでください。
成績評価の方法・基準 レポート課題30%、期末試験70%の割合で成績評価を行う。ただし、受講態度(私語など)の悪い学生には減点する。
テキスト 清水孝著『上級原価計算』第3版 中央経済社¥3,800 修大生協
参考文献 櫻井通晴『原価計算 For New ERA』同文館 ¥4,800
岡本清『原価計算(六訂版)』 国元書房 ¥8,000
主な関連科目 会計学原理ⅠとⅡ、中級簿記ⅠとⅡ、原価計算論ⅠとⅡ、会計監査論ⅠとⅡ、原価管理論Ⅱ、経営分析論ⅠとⅡ、中級簿記演習ⅠとⅡ、原価計算演習ⅠとⅡ、工業簿記ⅠとⅡ、原価管理演習ⅠとⅡ、上級簿記演習ⅠとⅡ
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
Ⅰ、質問・相談に関しては、講義中または講義終了直後に提出すること。
Ⅱ、オフィス・アワーを利用しても可。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(B群) 2007~2010 2・3・4
商学部商学科(C群) 2011~2016 3・4
商学部経営学科(C群) 2011~2016 3・4