授業コード 10012200 クラス
科目名 マーケティング戦略論 単位数 2
担当者 澄川 真幸 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 マーケティングの応用  Marketing Strategy
授業の概要 マーケティング的な思考様式とマーケティング・マインドの涵養を講義の目的にしています。マーケティングは、私たちの日常生活と密接に関連していますが、特に注意して意識し、考えなければ、水や空気のように、その存在を実感することはむつかしいことだと言えるでしょう。
本講義では、最新のデータを使いながら、受講生の皆さんの「わかりやすさ」に重点を置きます。また、DVDやビデオを頻繁に使用します。
学習の到達目標 マーケティングや市場に関する新聞記事並びに専門書が理解できるようになります。
授業計画 第1回 ・講義概要の説明並びに受講のポイントの伝授
第2回 ・マーケティング戦略論の基礎知識
第3回 ・マーケティング戦略の最前線(ビックロのケース)<その1>
第4回 ・マーケティング戦略の最前線(ピーチアビエーション社のケース)<その2>
第5回 ・マーケティング戦略の最前線(ソフトバンクのケース)<その3>
第6回 ・マーケティング戦略の最前線(大垣共立銀行のケース)<その4>
第7回 ・企業と市場との「出会いの場モデル」=「マーケティング戦略モデル」の説明
第8回 ・企業の「技術シーズ」分析
第9回 ・市場の「消費者ニーズ」分析
第10回 ・「出会いの場モデル」で「技術シーズ」と「市場ニーズ」はどのようにインターフェイスするのか〈その1〉
第11回 ・「出会いの場モデル」で「技術シーズ」と「市場ニーズ」はどのようにインターフェイスするのか〈その2〉
第12回 ・サッポロビール社のマーケティング戦略について<その1>
第13回 ・サッポロビール社のマーケティング戦略について<その2>
第14回 ・サッポロビール社のマーケティング戦略について<その3>
第15回 ・講義のまとめ
授業外学習の課題 ①毎回の講義時に指定する文献・資料の熟読が講義出席の前提になります。
②理解できない事柄や疑問点が出て来たときには、質問をしたり、図書館で調べる習慣を身につけましょう。
③講義の復習をノートに基づいて行う習慣も身につけましょう。
履修上の注意事項 私語はもちろん厳禁です。自筆ノートを取ることを求めます。試験の評価は非常に厳格ですから、受講は良く考えてからにしてください。
成績評価の方法・基準 定期試験(100%)の成績により評価します。
テキスト 使用しません。
参考文献 栗木契『売れる仕掛けはこうしてつくるー成功企業のマーケティングー』(日本経済新聞社、2006年)。その他にも講義中に適宜紹介します。
主な関連科目 マーケティング論、流通論Ⅰ・Ⅱ、マーケティング・リサーチⅠ・Ⅱ、サービス・ビジネス論、マーケティング・マネジメント論
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
①講義終了後に受けます。
②長くなる場合には、研究室で受けます。
③オフィス・アワーもありますので、その時間にも受けます。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(B群) 2007~2016 2・3・4
商学部経営学科(B群) 2011~2016 2・3・4