授業コード 10011600 クラス
科目名 途上国経済論 単位数 2
担当者 森田 憲 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 中国の経済発展と格差 Economic Development and Disparity in China
授業の概要 本途上国経済論では、中国における経済発展と格差問題を考えてみることとする。とりわけ長江デルタ地域に焦点をあて、域内のサブモデルの構築ならびにその経済発展と格差について分析を行ってみることにする。
学習の到達目標 長江デルタ地域を中心に、中国の格差問題を考えることとし、その現状と課題を理解し、中国経済に関する正しい展望を持つことを目標とする。
授業計画 第1回 授業の内容に関するガイダンス
第2回 中国経済(1)中国モデル
第3回 中国経済(2)中国モデル
第4回 中国経済(3)中国モデルと格差
第5回 中国経済(4)中国モデルと格差
第6回 長江デルタ地域(1)長江デルタとは
第7回 長江デルタ地域(2)長江デルタの経済発展
第8回 長江デルタ地域(3)長江デルタの経済発展
第9回 長江デルタ地域(4)長江デルタの地域格差
第10回 長江デルタ地域(5)長江デルタの地域格差
第11回 長江デルタ経済(6)上海モデル
第12回 長江デルタ経済(1)江蘇モデル
第13回 長江デルタ経済(2)江蘇モデル
第14回 長江デルタ経済(3)浙江モデル
第15回 長江デルタ経済(4)浙江モデル
授業外学習の課題 毎回、予定しているテキストのそれぞれの章についての予習および復習を課題として指示する。
履修上の注意事項 日々のニュースに接するように心掛けること、また講義中の私語ならびに教室への無用な出入りは控えること。

【この科目は、グローバルコース(2014~2016年度生)対象科目にもなっています。※ただし、一部の学部・学科では配当されていない場合があります。】
成績評価の方法・基準 成績評価は、授業内容の理解の確認のために数回行う小テスト(30%)ならびに定期テスト(70%)によって判断する。
テキスト 陳雲・森田憲、『中国モデルと格差』、多賀出版、2015年。
参考文献 陳雲・森田憲、『中国の体制移行と発展の政治経済学』、多賀出版、2010年。
森田憲・陳雲、『中国の経済改革と資本市場』、多賀出版、2009年。
主な関連科目 C群特殊講義(対中貿易・投資) 、欧米経済論等。
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業の最後10分ほどが質問の時間にあてられ、またオフィス・アワー(曜日・時限は未定)が質問・相談の時間にあてられる。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(B群) 2007~2016 2・3・4
商学部経営学科(E群) 2011~2016 2・3・4