授業コード 10011300 クラス
科目名 国際貿易論 単位数 2
担当者 新本 寛之 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 東アジアにおける経済発展と国際貿易の役割
授業の概要  本講義は次の2つの点を中心に展開します。
◎「国際貿易」という事象に焦点を当て、その基礎的知識を修得します。特に、「なぜ貿易は必要なのか」という点を明らかにします。そのために、貿易理論ならびに国際貿易に係る歴史、制度、政策について学びます。最近のトピックスについても考察します。
◎ 国際貿易を成長エンジンとした東アジア地域の経済発展メカニズムを学びます。第二次世界大戦後の東アジア地域(日本、アジアNIES、ASEAN4、中国、ベトナム)において高成長が実現し得たのは国際貿易を原動力とした経済政策に因るところが大きいです。また、近年では市場経済化を進める中国の存在感が増大しており、その貿易動向は東アジア地域へ大きな経済的インパクトを与えています。
 以上のように、本講義では国際貿易の基礎を踏まえた上で、国際貿易を軸にダイナミックな経済成長を続ける東アジアの様相について検証します。
学習の到達目標 ◎「なぜ貿易は必要なのか」について理論的に説明できる。
◎東アジアの経済発展と国際貿易の関連性を理解し、発展に資する国際貿易の役割について説明できる。
◎中国経済と共生していくための課題を考えることができる。
◎国際的視野を広げることができる。
授業計画 第1回 ガイダンス
第2回 グローバリゼーションと国際貿易①
第3回 グローバリゼーションと国際貿易②
第4回 比較生産費説と国際分業
第5回 へクシャー・オリーン理論
第6回 産業内貿易と規模の経済
第7回 プロダクト・ライフ・サイクル論
第8回 東アジア経済に関する視覚教材の視聴とその解説①
第9回 貿易と国民所得
第10回 戦後の国際貿易
第11回 WTOとFTA
第12回 東アジア経済に関する視覚教材の視聴とその解説②
第13回 中国の貿易構造の変化と日中貿易
第14回 フェア・トレード
第15回 総括
授業外学習の課題 ◎予習レポートを課します。15回ある各授業内容に関連する専門用語(25語程度)について事前学習した上で、レポートにまとめて提出します。専門用語や提出期限等の詳細については、ガイダンスおよび教務課の掲示板を通じて連絡します。
◎講義で配布するレジュメを中心とした復習を課します。
◎講義に関連する新聞記事等を読む習慣をつけましょう。
履修上の注意事項 ◎予習レポート(コピー)を毎回持参して下さい。
◎可能な範囲で関連科目の履修を勧めます。

【この科目は、グローバルコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。※ただし、一部の学部・学科では配当されていない場合があります。】
成績評価の方法・基準 ◎ミニッツ・ペーパー20%、レポート20%、試験60%で評価します。
◎試験は「持ち込み不可」とし、専門用語説明などによる知識および理解力を問う問題と、論述による思考力を問う問題で構成されます。
テキスト 必要に応じて資料を配布します。
参考文献 講義の中で紹介します。
主な関連科目 アジア経済論、欧米経済論、外国為替論、貿易商務論、国際商取引論、B群特殊講義(貿易実践Ⅰ・Ⅱ)、海外ビジネス研修など。
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
◎講義中に配布するミニッツ・ペーパーを使用します。あるいは講義終了時に直接対応します。
◎水曜日15時~17時をオフィス・アワーにあてています。研究室(3号館4階)までどうぞ。ただし、会議等で不在の場合もあるのでメール等での事前連絡が望ましいです。
◎メールでも対応します。メール・アドレスはガイダンスで伝えます。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(B群) 2007~2016 2・3・4
商学部経営学科(E群) 2011~2016 2・3・4