授業コード 10010600 クラス
科目名 観光地域論 単位数 2
担当者 富川 久美子 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 観光と地域 Tourism Geography
授業の概要 観光地には様々なタイプがあります。地域によって異なる観光資源を活かした観光地をとりあげ、それらの地域の形成過程や観光振興の課題など、日本国内と外国の事例をもとに学んでいきます。
また、地域における観光政策について学び、観光地がかかえる問題点や政策的課題などを考察します。
学習の到達目標 観光地における発展の経緯や実態を事例を通して学び、観光振興に必要な条件を理解する。
授業計画 第1回 ガイダンス
第2回 観光資源と観光地に関わる用語
第3回 観光地域の形成
第4回 社寺観光地
第5回 温泉観光地
第6回 山岳観光地
第7回 海浜観光地
第8回 農村観光地
第9回 観光地開発・中間試験
第10回 リゾート地Ⅰ
第11回 リゾート地Ⅱ
第12回 島嶼観光地
第13回 まちづくりと観光Ⅰ
第14回 まちづくりと観光Ⅱ
第15回 広島県の観光政策・まとめ
授業外学習の課題 授業の最後に、まとめと課題を提示します。毎回復習してつぎの授業にのぞんでください。
中間試験までに課題を出しますので、文献を参考にして小レポートにまとめてください。文献は2冊以上読むようにしましょう。
授業中に課題を出すこともありますので、翌週までに調べて提出して下さい。
履修上の注意事項 授業中に課題を出して、出席カードに書いて提出することがあります。
記入内容は平常点に反映されます。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています】
成績評価の方法・基準 平常点(20%)、中間試験(30%)、期末試験(50%)で評価します。
テキスト とくになし。
レジュメを配布します。
参考文献 授業中に提示します。
主な関連科目 観光論
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業中配布する出席カードに記入してください。
その他、メールにて随質問や相談に応じます。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(B群) 2007~2010 2・3・4
商学部商学科(C群) 2011~2016 3・4
商学部経営学科(E群) 2011~2016 3・4