授業コード 10010200 クラス
科目名 貿易商務論 単位数 2
担当者 森岡 峰子 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 国際商取引のメカニズム
授業の概要  日常生活において我々が消費する商品は,そのほとんどが海外から輸入されたものである。貿易,すなわち国際商取引とは,品物が境界線(国境,関税線)を越えて移動し,その対価として代金の支払いがなされる経済活動のことである。
 本講義では,19世紀後半に確立された現行の貿易形態と商慣習を理解することを目的とする。輸送技術、通信技術の発達による環境の変化に留意しつつ,現在利用されている取引条件,決済システム,国際運送,保険条件等について学習する。
学習の到達目標 現行の貿易形態と商慣習について理解する。
授業計画 第1回 1. 貿易商務論の研究領域
第2回 2. 売買契約の成立(1)
第3回 3. 売買契約の成立(2)
第4回 4. 定型取引条件(1)
第5回 5. 定型取引条件(2)
第6回 6. 定型取引条件(3)
第7回 7.中間テスト(50分)とその解説
第8回 8. 運送証券
第9回 9. 決済制度(1)
第10回 10. 決済制度(2)
第11回 11. 決済制度(3)
第12回 12.海上保険契約
第13回 13.国際商取引の電子化(1)
第14回 14.国際商取引の電子化(2)
第15回 15.全体のまとめ,授業アンケート
授業外学習の課題 専門用語については,その都度「貿易用語辞典」で調べること。
課題は授業中に指示する。
履修上の注意事項 私語厳禁
成績評価の方法・基準 定期試験の成績 70%,中間テスト 30%
テキスト 特に指定しない。
参考文献 適宜紹介する。
主な関連科目 国際貿易論,外国為替論,国際ビジネスコミュニケーション,マーケテイング論,国際商取引論,国際経営論等
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業終了時に質問,相談に来てください。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(B群) 2007~2016 2・3・4
商学部経営学科(E群) 2011~2016 2・3・4