授業コード 10010100 クラス
科目名 国際金融論 単位数 2
担当者 川本 明人 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 国際金融をめぐる諸問題 Current Issues of International Finance
授業の概要 The aim of this class is to learn basic theory on international capital flow as well as world economy. English will be used to explain topics and matters.
外国為替の基礎知識をベースに、激動する国際金融の概略を知ることをねらいとする。主として、国際収支、金融派生商品、円相場、国際通貨体制の変遷を柱にして国際金融のトピック
を学ぶ。とりわけ、現在起きている様々な国際金融問題について、英語資料も活用し、世界の最先端の事象が理解できるようにする。
学習の到達目標 ・円相場や株価に関心を持ち、現在の動きを説明できる。
・日本、アメリカ、ヨーロッパ、途上国などの経済や金融の状況について理解ができる。
・現在の国際金融問題の概要を英語でおおよそ理解できる。
授業計画 第1回 国際金融論で何を学ぶか
第2回 企業、金融機関の国際活動
第3回 日本の貿易と投資
第4回 国際収支(1)
第5回 国際収支(2)
第6回 金融派生商品(1)
第7回 金融派生商品(2)
第8回 円相場の推移
第9回 国際通貨の機能
第10回 国際金本位制の成立と崩壊
第11回 確認中間テストおよび解説
第12回 ブレトンウッズ体制の成立と崩壊
第13回 欧州通貨統合とユーロ
第14回 サブプライム問題と世界金融危機
第15回 まとめー国際通貨体制の展望
授業外学習の課題 プリントを使用します。毎回の講義のキーワードを日本語および英語で示します。授業後にプリントを読み直して復習すること。また、レポート課題を出します。さらに毎週の講義の前に新聞の経済記事を読んでおくことが望ましい。
履修上の注意事項 とくに予備知識がなくてもわかる授業を心がけます。毎日の円相場、および日本と世界の経済の動きに関心を持ち続けてほしい。講義ではノートを取るようにして下さい。英文資料も用いるので、積極的なチャレンジが必要です。

【この科目は、グローバルコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。※ただし、一部の学部・学科では配当されていない場合があります。】
成績評価の方法・基準 授業内で行う確認中間テスト(25%)、別途行う期末テスト(65%)、授業への取り組みおよび課題提出(10%)を基準に総合的に評価する。
テキスト 使用しない
参考文献 川本明人『外国為替・国際金融論入門』中央経済社、2012年
中條誠一『新版・現代の国際金融を学ぶ』勁草書房、2015年
田中素香・岩田健治編『現代国際金融』有斐閣、2008年
神田眞人『国際金融2015-2016』財経詳報社、2015年
勝悦子『新しい国際金融論』有斐閣、2011年
田中素香・岩田健治編『現代国際金融』有斐閣、2008年
上川孝夫・藤田誠一編『現代国際金融論(第4版)』有斐閣、2012年
橋本優子ほか『国際金融論をつかむ』有斐閣、2007年
主な関連科目 外国為替論、金融システム論
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業で理解できなかった箇所は、授業中または授業終了後に積極的に質問をして下さい。また、研究室の訪問、あるいはメールでも受け付けます。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(B群) 2007~2016 2・3・4
商学部経営学科(E群) 2011~2016 2・3・4