授業コード 10009900 クラス
科目名 商店診断 単位数 2
担当者 渡貫 久 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 商店経営の基本と現状について学ぶ
授業の概要 当講義では,商業の基本とも言える「商店経営」について,「マーケティング」や「マーチャンダイジング」といった専門的な視点とともに,生活者の視点を取り入れ,「生活者の視点で魅力ある商店」とはどのような店なのかを考察し,実践的な商店経営や店舗運営,更には商店を診断するためのノウハウを具体的な事例を通して学んでいく。また,店舗経営に必要なノウハウやお客様から支持される店づくりには何が必要なのか,といった「経営者の視点」とともに,買物をする際の買い易い店や利用したい店の魅力とは何かという「顧客視点」の両面から,商店経営を分析できる能力を養っていくことを目的している。また,小売業の集積とも言えるスーパーマーケットをベースに,小売業で実際に行われている業務内容やオペレーションを学ぶことで,商業の役割や意義,商売のノウハウを学び,商業への興味の醸成を図っていく。
学習の到達目標 商店の経営や診断に関しての基本と技法を理解できるようになる。
授業計画 第1回 ガイダンス~ 魅力ある商店とは
第2回 商業の歴史と今日
第3回 商店全体戦略診断1~店舗戦略の基本と理念
第4回 商店全体戦略診断2~環境分析~SWOT分析
第5回 商店全体戦略診断3~環境分析~STP分析
第6回 商店全体戦略診断4~環境分析~3C分析
第7回 商店全体戦略診断5~事業領域と成長戦略
第8回 商店機能戦略診断~商品・品揃え
第9回 商店機能戦略診断~マーチャンダイジング
第10回 商店機能戦略診断~店舗オペレーション①
第11回 商店機能戦略診断~店舗オペレーション②
第12回 商店機能戦略診断~販売促進・コミュニケーション
第13回 商店機能戦略診断~小売業の仕事①
第14回 商店機能戦略診断~小売業の仕事②
第15回 個別商店の診断事例
授業外学習の課題 理解を深めるため,授業中に学習したことを自分なりにまとめ整理してください。
また,自主的に店舗視察などを行っていただくと,より興味を持って受講でき,理解を深めることができます。
履修上の注意事項 出席状況や受講態度などについても総合的に評価を行います。
成績評価の方法・基準 期末試験(80%),受講態度(20%)を目安に総合的に評価致します。
テキスト 書名「小売業のための利益改善&能力開発チェックリスト1000」
著者:チームフェニックス 出版社:株式会社商業界 出版年:2014年 価格:1,800円+税
ISBNコード:978-4785504687
※その他、講義中に追加のプリントを配布します。
参考文献 必要に応じて随時紹介します。
主な関連科目 マーケティング 流通論 商業論 経営戦略論 中小企業論
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業終了後,質問を受け付けます。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(C群) 2007~2016 3・4
商学部経営学科(C群) 2011~2016 3・4