授業コード 10009200 クラス
科目名 ビジネスプラン作成 単位数 2
担当者 山根 寛之 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 ビジネスプラン(事業計画書)の作成 Business Planning
授業の概要 企画→作成→提案という一連のビジネスプラン作成プロセスを通して、
ビジネスプランを構成する主要項目を学び、マーケティング・
マネジメント及び財務といった、企業経営若しくは新規事業計画に
必要とされる基礎知識、さらには企画立案力を修得します。
学習の到達目標 ビジネスプラン作成の知識と技能をワークショップを通じて実践的に
身につけることで、受講生が卒業後に就職先の企業で新規事業の計画
を任されたり、さらに自ら創業を志した際に、この講義で身に付けた
知識を役立ててもらうことを目指します。
授業計画 第1回 オリエンテーション
第2回 企業経営の基礎知識
第3回 ビジネスプラン体系
第4回 事業構想の立案
第5回 立地選定
第6回 基本計画の検討
第7回 事業計画と採算性の検討Ⅰ 損益計算の基本構造
第8回 事業計画と採算性の検討Ⅱ 損益計算の実践
第9回 事業計画と採算性の検討Ⅲ 資金繰り計算の基本構造
第10回 事業計画と採算性の検討Ⅳ 損益計算と資金繰り計算の実践
第11回 金融機関と融資交渉
第12回 採用募集と人材育成
第13回 グループワークⅠ 事業構想、基本計画
第14回 グループワークⅡ 事業計画、採算性検討
第15回 グループワークⅢ 発表・総括
授業外学習の課題 1.ビジネスプランに取り組むための基盤となる、企業組織、流通、
  マーケティング、財務に関する基本的な知識を身につけるようにして下さい。

2.この講義の目的は、受講生の主体的創造的な思考力・問題解決力を
  伸ばすことにあります。日常生活においても、例えば、飲食店に入ったら、
  席数や回転数を想定して売り上げ推定してみたり、接客の様子を
  観察するなど、ビジネス思考を持つよう心掛けてみて下さい。
履修上の注意事項 1.第7~10回の講義は、電卓等の計算機を持参すること。

2.ワークショップにより、講義に主体的に参加してもらいます。また、
  授業中の私語による学習の遅延は、他の受講生へ多大な迷惑をかけることに
  なります。よって、本講義への興味だけでなく自己責任を持った受講生を
  希望します。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。】
成績評価の方法・基準 小テスト20%(2回)、リアクション・ペーパー(毎回講義内容の定着度確認)
評価30%、定期試験50%を目安に総合的に評価します。
テキスト ビジネスプランのレジュメ、ワークシートを配布します。
参考文献 必要に応じて随時紹介します。
主な関連科目 中小企業経営論、ビジネスファイナンス、経営学総論Ⅰ・Ⅱ、マーケティング論、
消費市場調査論、キャリアデザイン論
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
質問・相談は、基本的に講義終了時に受け付けます。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(B群) 2007~2016 2・3・4
商学部経営学科(B群) 2011~2016 2・3・4