授業コード 10008800 クラス
科目名 地理情報システム論Ⅰ 単位数 2
担当者 川瀬 正樹 履修期 第1学期
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 地理情報システム(GIS)の基礎 The Base of Geographic Information System (GIS)
授業の概要 地理情報システム(Geographic Information System = GIS)とは、地図データと統計・観測データをコンピュータ上で一元的に管理することにより、地域を分析したり将来予測に役立てたりするツールです。都市計画や防災システムといった行政分野のほか、マーケティング分野でも商圏分析や店舗管理、出店戦略への応用が進んでいます。カーナビゲーションシステムも、GISの技術を応用したものです。本講義では、このGISの基礎を講義するとともに、世界で最も普及しているGISソフト(Arc GIS)を用いたGISの基礎的実習を行います。最後に、無料のGISソフトであるQGISの使い方も教授します。
学習の到達目標 GISの基礎知識、GISの基礎的技能を身につける。
授業計画 第1回 ガイダンス
第2回 東アジアの地図を作成する(GISデータの表示と確認)
第3回 特性図を作成するⅠ(主題図(図形表現図・コロプレスマップ)の作成)
第4回 特性図を作成するⅡ(GISを利用した地図のレイアウト)
第5回 地図データの作成(新規フィーチャの作成)
第6回 地図データの編集Ⅰ(エディタの機能の理解)
第7回 地図データの編集Ⅱ(属性結合,属性テーブルの編集)
第8回 地図データの編集Ⅲ(地図投影法の確認・操作)
第9回 地図データの編集Ⅳ(作成データのレイアウト)
第10回 好条件のアパートを探すⅠ(バッファリング)
第11回 好条件のアパートを探すⅡ(属性検索、クリップ、ユニオン)
第12回 好条件のアパートを探すⅢ(空間検索、インターセクト)
第13回 好条件のアパートを探すⅣ(属性テーブルの結合・リレート)
第14回 好条件のアパートを探すⅤ(レイアウトの作成)
第15回 QGISの使い方
授業外学習の課題 テキストを授業前に充分読んで、当日の授業で何をするのかよく考えて、授業に出席して下さい。何をするのか分からないまま授業を受けないようにしましょう。授業後は、当日行った内容を自分ひとりでもできるように、よく復習しておきましょう。また、どういう場面でこの作業をすることになるのか考えて下さい。
履修上の注意事項 <この授業は第1学期(前期前半)開講で,週2回(火曜4限と金曜3限)授業があります。>

教室のキャパシティの関係上、履修者数の上限を36名とします。第1回の授業で履修希望者数が36名を上回った場合は、その段階で履修希望者全員に履修希望理由書を書いてもらい、それをもとに履修者選抜を実施します(選抜結果は翌日に掲示します)。第1回の授業で履修者数が上限に達した場合、それ以降の履修希望は受け付けませんので、履修希望者は第1回の授業に必ず出席して下さい。
テキストと配布したプリントは、毎回必ず持参して下さい。一度でも授業を欠席すると、翌週、作業に遅れが生じて全くついていけなくなるばかりか、授業の進行を妨げ、他の履修者に多大な迷惑をかけることになります。極力遅刻・欠席をしないよう心がけて下さい。
この授業は第1学期(前期前半に)週2回(火4限と金3限)授業があります。
成績評価の方法・基準 授業への取り組み30%、単元ごとに出題する課題70%で評価します。欠席は減点します。
遅刻2回で欠席1回とみなします。5回以上欠席した場合は評価の対象としません。
テキスト 佐土原 聡 編『図解 ArcGIS 10 Part1 身近な事例で学ぼう』(古今書院)2,600円
※必ず入手して下さい。テキストがないと、マニュアルなしでパソコン作業をすることになるため、授業に全くついていけなくなります。その他、適宜プリントを配布します。
参考文献 授業中に指示します。
主な関連科目 地理情報システム論Ⅱ、地域産業論、都市経済論、マーケティングリサーチ、流通論、地理学、教養講義(生活の中の地理学)
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
質問は随時受け付けますので、分からないまま、次の作業をやろうとしないようにして下さい。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(C群) 2007~2016 3・4
商学部経営学科(E群) 2011~2016 3・4