授業コード 10008700 クラス
科目名 都市経済論 単位数 2
担当者 川瀬 正樹 履修期 第4学期
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 都市経済地理学 Urban economic geography
授業の概要 都市に関する都市地理学の諸理論を講義すると共に,都市での主たるの経済活動である商業の視点から講義します。都市地理学、商業地理学の理論的基礎を教授するほか、商圏、商店街、市街地活性化に加え、アーバンツーリズム(都市観光)や観光まちづくりについても講義します。
学習の到達目標 都市地理学、商業地理学の基礎を身につける。
授業計画 第1回 ガイダンス
第2回 都市システム
第3回 都市の内部構造(1)(同心円地帯仮説・扇形理論)
第4回 都市の内部構造(2)(多核心理論・城下町の内部構造)
第5回 都市の成長と都市圏(1)(DID・都市の拡大過程)
第6回 都市の成長と都市圏(2)都市の発展段階論・大都市圏)
第7回 商圏
第8回 中心地理論
第9回 商業地域
第10回 地方都市の商業地域構造の変化
第11回 まちづくりと市街地活性化
第12回 地理情報システム(GIS)を用いたエリアマーケティング
第13回 アーバンツーリズム
第14回 観光まちづくり
第15回 まとめ
授業外学習の課題 授業の最後に,その次の回で使用する資料を配付したり課題を出したりしますので,資料を見て予習したり,課題をこなしたりしておいて下さい。また当然,復習も必要となります。
履修上の注意事項 <この授業は第4学期(後期後半)開講で,週2回(火曜4限と金曜3限)授業があります。>


写真等はプロジェクターで投影するが、授業は基本的に板書を中心に進めていきます。授業中に私語は慎んで下さい。その他は適宜、授業中に指示します。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。】
成績評価の方法・基準 期末試験のみで評価します。
テキスト 特に使用しません。授業中に資料を配付するほか、パワーポイント、OHCを使用します。
参考文献 奥野隆史ほか『商業地理学入門』(東洋書林)
杉浦芳夫『地理学講座5 立地と空間的行動』(古今書院)
高橋伸夫ほか『新しい都市地理学』(東洋書林)
長谷川典夫ほか『現代都市の空間システム』(大明堂)
主な関連科目 地域産業論、地理情報システム論I・II、流通論、マーケティング・リサーチ、中小企業論、地理学、教養講義(生活の中の地理学)
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業中に適宜対応するほか,個別相談に応じるので,必要に応じて連絡を取って下さい。(内線3417)

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(B群) 2007~2016 2・3・4
商学部経営学科(E群) 2011~2016 2・3・4