授業コード 10008600 クラス
科目名 地域産業論 単位数 2
担当者 川瀬 正樹 履修期 第3学期
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 生産と輸送の視点からみた地域産業 Regional industry in terms of roduction and transportation
授業の概要 地域産業を、主として生産と輸送の視点からとらえて講義します。経済立地論などの理論的基礎を教授するほか、電気機械工業、自動車産業、伝統工芸等について、研究事例を上げながら説明します。さらに,流通システム,、地方公共交通、地域の産業を観光資源として生かした観光についても講義します。
学習の到達目標 経済地理学の基礎を身につける。
授業計画 第1回 ガイダンス
第2回 経済立地論の基礎(1)(チューネン圏)
第3回 経済立地論の基礎(2)(ウェーバーの工業立地論(輸送費指向論))
第4回 経済立地論の基礎(3)(ウェーバーの工業立地論(労働費指向論・工業集積論))
第5回 日本の地域産業政策
第6回 電気機械工業の地方分散と工業連関
第7回 日本の製造業のアジア進出
第8回 自動車産業の再編合理化
第9回 伝統的工芸品の産地形成と変容(熊野筆の事例)
第10回 貿易と物流(海から陸へ)
第11回 チェーン店舗の配送システム
第12回 地方公共交通の現状と課題
第13回 地域産業と観光振興
第14回 産業観光の実際
第15回 まとめ
授業外学習の課題 授業の最後に、その次の回で使用する資料を配付したり課題を出したりするので、資料を見て予習したり、課題をこなしたりしておいて下さい。また当然、復習も必要となります。
履修上の注意事項 <この授業は第3学期(後期前半)開講で,週2回(火曜4限と金曜3限)授業があります。>

写真等はプロジェクターで投影しますが、授業は基本的に板書を中心に進めていきます。授業中に私語は慎んで下さい。その他は適宜、授業中に指示します。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。】
成績評価の方法・基準 期末試験のみで評価します。
テキスト 特に使用しません。授業中に資料を配付するほか、パワーポイント、OHCを使用します。
参考文献 富田和暁『地域と産業 新版-経済地理学の基礎-』(原書房)
友澤和夫『工業空間の形成と構造』(大明堂)
山川充夫・柳井雅也編著『企業空間とネットワーク』(大明堂)
主な関連科目 都市経済論、地理情報システム論I・II、流通論、国際貿易論、中小企業論、交通概論、地理学、教養講義(生活の中の地理学)
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業中に適宜対応するほか,個別相談に応じるので,必要に応じて連絡を取って下さい。(内線3417)

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(B群) 2007~2016 2・3・4
商学部経営学科(E群) 2011~2016 2・3・4