授業コード 10008300 クラス
科目名 商品政策論 単位数 2
担当者 柏木 信一 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 消費生活と商品化計画・マーケティングの関係に対する基礎事項(市場と商品の関係基礎、消費者に信頼される商品を考える)
授業の概要  「政策」には、国や地方自治体による「公政策」と企業や組織の経営に関する対策をどうするかといった「私政策」があります。商品政策論で言う政策は「私政策」の方であり、「商品政策(マーチャンダイジング)」とは、簡単に言えば「売りモノをどうするか?」を考えていくことです。そして、この講義では、次の点を重視します。

 ①企業・組織によるマーケティングの製品政策の一環として「商品をどうするか?」を考えること
 ②商品開発に至るまでの過程、開発までに知るべき基本的な要素を知る
 ③消費者の信頼を損ねる欠陥事故を防ぐこと

 更に、「商品政策」は、大まかに言えばメーカーの場合と流通業の場合とで違いがあります。これについては、

 (1)すべてに共通する部分
 (2)メーカーの場合
 (3)流通業の場合
   ①仕入・販売だけでなく、開発・製造を行う流通業
   ②仕入・販売のみで、開発・製造は行わない流通業

 と、場合を分けて展開します。

 なお、上級編として、サービス商品の商品化計画については3年次で「サービス・マーケティング」を、市場調査の方法そのものについては同じく3年次で「マーケティング・リサーチ」を学んでください。
学習の到達目標 ①消費者に対するマーケット・イン(※和製英語;日本型の取引観・市場観である)の視点を持つこと
②商品に対してミクロ・マクロ両面から考えられるようになること
③市場と商品の関係を掴みとれること
授業計画 第1回 ※以下の内容を予定していますが、内容及び講義期日は固定のものではなく、諸事情により変動することがあります。

Ⅰ編 マーケティングとマーチャンダイジングの連動の基礎

 商品政策(マーチャンダイジング)とは何か?
第2回  アイデアの創出(創造的アイデア、理論的アイデア)、
 商品価値(交換価値と使用価値)と経験価値、市場性と事業性 (1)
第3回  アイデアの創出(創造的アイデア、理論的アイデア)、
 商品価値(交換価値と使用価値)と経験価値、市場性と事業性 (2)
第4回  アイデアの創出(創造的アイデア、理論的アイデア)、
 商品価値(交換価値と使用価値)と経験価値、市場性と事業性 (3)
第5回  マーケティング導入の社会経済的背景 & マーケティング導入以後のマーチャンダイジング
 -コトラーのマーケティング1.0、2.0、3.0との比較-
第6回  商品化計画と市場化計画(マーケティング)の連動 -マーケティング環境の把握と市場戦略- 1
第7回  商品化計画と市場化計画(マーケティング)の連動 -マーケティング環境の把握と市場戦略- 2
第8回  商品化計画と市場化計画(マーケティング)の連動 -マーケティング環境の把握と市場戦略- 3
第9回  ケース学習(DVDで展開)

  メーカーのマーチャンダイジング 1
第10回   メーカーのマーチャンダイジング 2
第11回   流通業のマーチャンダイジング 1 -開発・製造・加工を行わない流通業の場合-
第12回   流通業のマーチャンダイジング 2 -開発・製造・加工も行う流通業の場合-
第13回 Ⅱ編 商品関連リスクの防止・軽減 -商品化計画におけるリスク対応の基礎-

 商品関連トラブル(瑕疵損害・製造物責任(PL)問題、不正競争と景品表示の問題、知的財産権問題)とその防止 1
第14回  商品関連トラブル(瑕疵損害・製造物責任(PL)問題、不正競争と景品表示の問題、知的財産権問題)とその防止 2
第15回  商品関連トラブル(瑕疵損害・製造物責任(PL)問題、不正競争と景品表示の問題、知的財産権問題)とその防止 3
授業外学習の課題 ①と②を相互に実践し続けて下さい。

 ①テキストを読む事。
 ②日常、ありふれたものに目を向けてみる事。
履修上の注意事項 ※試験は、難しいので講義での集中と基礎学力が必要(大学である以上当然)です。昨年度不合格率=26%。
※テキストは、第1回目の講義から必ず持参すること(2016年に商学概論又は商品政策論を受講した方は、その時のテキストと同じ)。
※Ⅱ編(商品関連リスクの防止・軽減)はテキストにないので、担当者が当日配布又はPDFで提供。
※講義内容は完全固定とは限らず、変動もあります。


①当たり前のことですが、毎回の講義では手を動かしてメモをきちんと取ること。メモを取ることができなければ講義理解も単位取得も100%不能です。DVDを使用する時も、メモを取ること。
②スマホやケータイ・電子機器の使用は一切禁止です。講義前に全て切ること。メモ替わりの使用・撮影も不可。
③大人としての人間性とTPOを持ち合わせていることを当然の前提とします。講義室をサロンや談話室と勘違いしないで下さい。そんな方は、真剣に学ぶ人の権利と私の業務を妨害しています。悪質な場合、有無を言わさずレッドカード(即失格)を出します。
成績評価の方法・基準 受講態度及び課題ワークシート2回又は3回(30%)+後期末試験(70%)を目安に判定。

■商品政策論では、課題ワークシートを1度も出していない人、試験を受けていない人は評価対象としません。
■受講態度や講義全体の雰囲気が悪い場合、30%部分がマイナスに作用することもあるのでご注意を。
■試験の形式は受講者数によって変わります。形式にかかわらず、基本用語と枠組、映像資料で示した諸要素は確実におさえてください。これが不十分だと低評価につながります。
■成績評価ガイドラインに基づき、履修者(X除く)のうち、AAは5%以内、Aは25%以内とします。
テキスト 柏木信一『21世紀の商学原論-経済・商・法の3極思考-』晃洋書房、2,100円+税
 ※特に、9~13章と、Appendix1、Appendix2
参考文献 ●通勤大学実践MBA『商品・価格戦略』通勤大学文庫 
●松井龍二『ロングセラー商品誕生物語』(1~3巻)
●国民生活センター『消費生活年報』
●製品安全・製造物責任研究会編『知っておきたい製造物責任の最新動向』
主な関連科目  商学概論、マーケティング論、マーケティング戦略論、貿易実践、商店診断、マーケティングリサーチ(更に上級・3年で)、ブランド戦略(更に上級・3年で)、サービスマーケティング(更に上級・3年で)
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
○講義終了前後5分を質問の時間に充てます。休憩時間も対応します。

○また、メールでも対応します。アドレス:sk_question@yahoo.co.jp
URLリンク 柏木信一研究室のHP

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(B群) 2007~2016 2・3・4
商学部経営学科(E群) 2011~2016 2・3・4