授業コード 10007600 クラス
科目名 経営組織論 単位数 2
担当者 稲田 勝幸 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 経営組織論を働く個人という視点から研究していく organizational theory
授業の概要 組織は様々な視点から捉えることができます。今年度の講義は「組織の内部で働く個人の視点」から、組織のメカニズムを解説します。
学習の到達目標 経営組織論の基本的な問題と考える枠済みを講義する。学生にも関連する視点を重視しているので、経営組織論を理解することができるようになる。
授業計画 第1回 経営組織論のイントロダクション
第2回 いろいろな組織の捉え方 多様な組織観を探る
第3回 組織のなかの個人Ⅰ それぞれの組織観における人間観
第4回 組織のなかの個人Ⅱ 組織論における人間モデルの学説史的推移
第5回 組織のなかの個人Ⅲ モチベーション
第6回 個人と組織のかかわり合い
 Ⅰ3つの時間幅 
 Ⅱ個人と組織のかかわり合い
第7回 組織における個人のキャリア
第8回 集団の機能と組織
 Ⅰ集団(グループ)とはなにか 
 Ⅱ集団のダークサイド 
 Ⅲ集団間の対立(コンフリクト)と至上目標
第9回 組織におけるリーダーシップ
 Ⅰリーダーシップ研究の流れと伝統的リーダーシップ論 
 Ⅱ変革型リーダーシップ 
 Ⅲ制度的リーダーシップ 
 Ⅳ組織における管理職の日常行動とその役割
第10回 組織文化Ⅰ 組織文化の捉え方
第11回 組織文化Ⅱ 組織成員にとっての意味形成
第12回 経営組織の設計Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ
第13回 経営組織の動態化 組織変革
第14回 組織全体の方向づけと働く個人(1)
第15回 組織全体の方向づけと働く個人(2)
授業外学習の課題 講義はパワーポイントで行い、そのつど資料を配布する。
講義計画を参照にして、テキストを事前に読んでおくこと。
講義後は、講義の内容を深く理解するために、図書館で関連する資料(講義の中で関連する文献、資料は紹介する)を探し、読んで理解する時間を確保すること。
履修上の注意事項 出席をしよう。講義に集中しよう。わからないことは「わからない」と講義の中で大判の出席カードを利用して質問しよう。
成績評価の方法・基準 定期試験(50%)、講義へのコミットメント(講義の感想文を毎回記入してもらう)(30%)レポート(20%)で総合的に評価する。
テキスト 金井壽宏著『経営組織』日本経済新聞社、2016年。

伊丹敬之・加護野忠男『ゼミナール 経営学入門』日本経済新聞社、2016年。
参考文献 伊丹敬之『新・経営戦略の論理』日本経済新聞社、2014年。
日本経済新聞社 2009年、金井壽宏著『働くみんなのモチベーション論』NTT出版、2004年。
主な関連科目 経営管理論、経営学総論、経営戦略論
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
(1)講義の最後に大判の出席カードを配布するので、それに質問等を記入すること。次の講義の最初に、その質問に対する回答を行う。
(2)オフィスアワー等で、質問等に答える機会をつくる。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(E群) 2007~2016 2・3・4
商学部経営学科(B群) 2011~2016 2・3・4