授業コード 10007500 クラス
科目名 経営管理論 単位数 2
担当者 稲田 勝幸 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 経営管理論の主要課題の研究、business management
授業の概要 経営管理論では、(1)管理論を組織と外部環境の関連から検討する。(2)管理論を組織内部の問題と関連させて検討する。(3)知識創造論という日本発の管理論を検討する。
学習の到達目標 経営管理論の主要課題と考える枠済みを理解することができるようになること。
授業計画 第1回 イントロダクション①企業とはどんな存在か、②マネジメントはどんな行為か、を明らかにする。
第2回 経営戦略とはなにか、①経営戦略の定義と内容、②市場でのポジショニングと経営資資源の蓄積
第3回 戦略と「みえざる資産」のダイナミズム
第4回 競争のための差別化、①顧客と競争相手は誰か、②差別化のポイントと競争の武器、③市場の変化とダイナミックな差別化、④反撃への対抗策と非競争への志向
第5回 競争優位とビジネスシステム、①二つのレベルの競争優位、②ビジネスシステムの構築、③競争ドメイン
第6回 多角化と事業ポートフォリオ、①多角化の論理、②選択と集中、③企業ドメインと事業間関連性パターン、④資源配分によるポートフォリオ・マネジメント、
第7回 企業組織の再編成
第8回 国際化の戦略
第9回 資本構造のマネジメント
第10回 雇用構造のマネジメント
第11回 組織と個人
第12回 組織構造
第13回 インセンティブシステム
第14回 経営理念と組織文化
第15回 リーダーシップ
授業外学習の課題 講義はパワーポイントで行い、そのつど資料を配布する。
資料を参考に、テキストを事前に読んでおくこと。
講義後は、講義の内容を深く理解するために、図書館で関連の資料(講義の中で資料は指摘する)を探し、読んで理解すること。
履修上の注意事項 出席し、講義に集中しよう。毎回出席を取る。分からないことを分からないままにしないで、大判の出席カードを使うので、それを利用して質問をしてほしい。

【この科目は、グローバルコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。※ただし、一部の学部・学科では配当されていない場合があります。】
成績評価の方法・基準 試験(50%)と講義へのコミットメント(講義の感想文を毎回行なう(30%)、レポート(20%)で総合的に評価する。欠席は5回を限度とする。欠席が5回を超える場合は評価はDになる。
テキスト 加護野忠男・伊丹敬之著『ゼミナール経営学入門』日本経済新聞社 2009年。必要な、文献、資料は、講義の中で紹介する。
参考文献 テーマごとに、講義の中で紹介する。河合隼雄著『中空構造日本の深層』中公文庫、1999年(初版)
主な関連科目 経営組織論、経営学総論、経営戦略論
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
(1)講義の最後に大判の出席カードを配布するので、それに質問等を記入すること。講義の最初に、質問に対する回答をする。
(2)オフィスアワー等で、疑問等に答える機会をつくる。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(E群) 2007~2016 2・3・4
商学部経営学科(B群) 2011~2016 2・3・4