授業コード 10003000 クラス
科目名 コンピュータ会計 単位数 2
担当者 河内 満 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 コンピュータを使った会計処理 Computer Accounting
授業の概要 コンピュ-タは、そのハ-ドウェアの発達と豊富なソフトウェアの開発によって旧来の会社経理の仕事内容を一変させ、日常業務において、必ずしも簿記、会計の知識や技術を必要としなくなったといわれる。はたしてそうであろうか。
この講義では、株式会社の設立から決算までの一連の取引を会計ソフトを使って、会計処理することによって、簿記会計の知識・技術とビジネスの論理(収益-費用=利益)や会計倫理観との関連を模擬株式会社の会計処理をとおして学ぶ。
学習の到達目標 簿記、会計学はもとより商学部で学んだ内容を、株式会社の設立、相互取引(模擬市場)、決算の流れのなかで統合し、会計ソフトを使い総合的な会計処理能力に求められる知識、技術、会計倫理観を身に付ける。
授業計画 第1回 取引の概要説明
第2回 会計ソフトの立上げ
第3回 株式会社設立 インターネットを使った資料収集
第4回 取引で使用する証憑の作成1
第5回 取引で使用する証憑の作成2
第6回 株式会社の設立
第7回 株式会社設立に関する取引
第8回 営業開始に関する取引
第9回 営業取引1 商品の仕入
第10回 営業取引2 商品の販売
第11回 営業取引3 同業他社との相互取引
第12回 営業取引4 商品の入札販売
第13回 決算整理1 決算整理
第14回 決算整理2 財務諸表の作成
第15回 レポートの整理・提出
授業外学習の課題 各時間の終了前に、その時間に行った業務内容を再確認する。次の時間は、前回の業務内容に加え新たな内容が加わるので、十分に復習しておくこと。
履修上の注意事項 講義・実習内容が、簿記・会計の知識と技術を必要とするので「簿記原理Ⅰ・Ⅱ」「会計学原理Ⅰ・Ⅱ」の単位を取得していることが望ましい。
なお、受講希望者がパソコン台数を上回った場合は、第1回の講義時に簡単な商業簿記のテストを行い選抜しその結果は翌日掲示します。パソコンの台数に制約があるので、掲示リストに載っている者以外の履修は認めない。
成績評価の方法・基準 この授業は、コンピュ-タ実習を伴うので、出席が評価の前提となる。定期試験は行わず、授業への取り組み・貢献度40%、事業報告書レポ-ト60%を目安として総合的に評価する。
欠席回数が、授業時間の1/3を超えた場合は、営業取引が事実上できないので、授業への取り組み・貢献度や事業報告レポートも評価の対象とはならない。
テキスト なし
授業の進度に合わせて、必要な資料等は配布する。
参考文献 必要なものについてはインタ-ネット等で検索する。
主な関連科目 簿記原理をはじめとする会計学関連科目。
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業内容についての質問や会計処理方法の相談は、授業の中で時間を取り、クラス全体のものとして共有する。
オフィスアワーは、水曜日3時限とします。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(C群) 2007~2016 3・4
商学部経営学科(C群) 2011~2016 3・4