授業コード 10001000 クラス
科目名 観光論 単位数 2
担当者 富川 久美子 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 観光学概論 Introduction to Tourism
授業の概要 「観光」は、観光系の業種に限らず、様々な業種に活用されています。社会や経済や地理などあらゆる分野から観光の現象を学ぶのが観光学です。本講義は、このような広い分野から観光とは何かなど、観光学の基礎知識を習得し、観光を通して社会の様々な現象を把握するようにします。
学習の到達目標 観光学の基本を習得する。観光地や観光の現象を広い視野から、また問題意識を持ちながら捉えることができるようにする。
授業計画 第1回 ガイダンス・観光学について
第2回 観光の概念
第3回 観光行動と余暇
第4回 観光の歴史(外国)
第5回 観光の歴史(日本)
第6回 観光批判
第7回 新しい観光形態Ⅰ
第8回 新しい観光形態Ⅱ
第9回 観光と景観+中間試験
第10回 観光と環境
第11回 観光と地域
第12回 観光産業
第13回 観光事業
第14回 日本の観光政策
第15回 観光政策とまとめ
授業外学習の課題 各回の授業の最後にまとめの課題を提示します。毎回復習して次の授業にのぞんでください。また、また、中間試験までに課題を提示しますので、文献を参考にして小レポートにまとめてください。 文献は2冊以上読むようにしましょう。
授業中に課題を出すこともあります。翌週までに調べて提出してください。
履修上の注意事項 出席および課題の提出も平常点に反映します。
成績評価の方法・基準 平常点(20%)と、中間試験(30%)、期末試験(50%)で評価します。
テキスト なし
参考文献 前田勇編著『現代観光総論』学文社、岡本伸之編著『観光学入門』有斐閣アルマ
主な関連科目 国際観光、観光地域論
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業中に積極的に聞いてください。授業中と授業後に質問の時間が十分ない場合はいつでもメールにて対応します。研究室訪問でも構いません。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(C群) 2007~2010 3・4
商学部商学科(B群) 2011~2016 2・3・4
商学部経営学科(E群) 2011~2016 2・3・4