授業コード 10000501 クラス 01
科目名 現代経済入門Ⅱ 単位数 2
担当者 橘 洋介 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 経済学の基礎② Basic Economics Ⅱ
授業の概要 経済学で学ぶ知識は、皆さんの関心のある事柄に対する直接的な答えを提供するとは限りません。しかし、商学部で専門的に学ぶ科目の背後には、経済学的な考え方が存在します。したがって、背後の理論を知った上で様々な商学部の専門科目を学ぶのと、知らずに学ぶのとでは、理解の深さに大きな差が生じる可能性があります。そこで、本講義では商学部の専門科目をより深く理解するための基礎作りを目的として、主にマクロ経済学の内容を扱います。
学習の到達目標 新聞やニュース等の経済記事がスムーズに理解できるようになる。
入門レベルのマクロ経済学の知識を身に着ける。
商学部の専門科目とマクロ経済学との関連を理解できるようになる。
授業計画 第1回 ガイダンス
第2回 マクロ経済学のプレイヤー
第3回 GDP、三面等価
第4回 物価、インフレーション、景気
第5回 GDPの決定
第6回 消費と投資
第7回 貨幣の需給
第8回 IS-LM分析
第9回 マクロ経済政策
第10回 国際経済―貿易、為替
第11回 労働市場
第12回 インフレーションと失業
第13回 経済成長
第14回 国際化と諸問題
第15回 日本経済とマクロ経済学
授業外学習の課題 経済に関連するニュースや新聞での報道に関心を持つように、心がけて下さい。
テキストを予め読み、予習をしておいてください。
履修上の注意事項 経済学は「積み上げ型」の学問です。つまみ食いは100%失敗しますので、着実に学習して下さい。
また、授業中の私語や携帯電話等の使用については厳しく対処します。
現代経済入門Ⅰを履修していることを強く望みます。

【この科目は、グローバルコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。※ただし、一部の学部・学科では配当されていない場合があります。】
成績評価の方法・基準 評価は試験によって行います。
テキスト テキストは指定しません。
参考文献 スティグリッツ入門経済学(第4版) 3,024円
ISBN:9784492314197
主な関連科目 現代経済入門Ⅰ
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業中もしくは授業終了時に受け付けます。
研究室でも受け付けますが、訪ねてくる前にメールでアポイントメントを取ってください。アドレスは授業初回にお伝えします。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(A群) 2007~2016 1・2・3・4
商学部商学科(A1群) FCBS11112 2017~2017 1・2・3・4
商学部経営学科(A群) 2011~2016 1・2・3・4
商学部経営学科(A1群) FCBA11112 2017~2017 1・2・3・4
人文学部人間関係学科教育学専攻(専攻科目) 2007~2010 1・2・3・4
人文学部教育学科(教職専門科目群) 2016~2016 1・2・3・4
人文学部教育学科(教職専門科目群) FHED14315 2017~2017 1・2・3・4
法学部法律学科 2007~2016 2・3・4
法学部法律学科 FCBS11112 2017~2017 2・3・4
法学部国際政治学科(F群) 2007~2016 2・3・4
健康科学部心理学科(心理学) FHPS42010 2017~2017 1・2・3・4