授業コード 10000300 クラス
科目名 商学概論 単位数 2
担当者 柏木 信一 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 商学原論(商学部全科目の共通項の提示=取引の基礎的枠組)
-取引の各要素、取引倫理、市場観・取引観-
授業の概要 ※「商学概論」は、教職科目(教員免許取得)における必修科目です。
※また、「商学概論」の履修・修得が、後期に開講される川原先生の「新商品開発」(A1群特殊講義)受講・選考要件になっています。

 よく誤解されることですが、「商学」という学問は単なる営利技術やビジネスだけを学ぶものではありませんし、「商学=商業論」でもありません(商業はあくまで商学の一部分にすぎません)。「商学概論」という学部1年生の科目も、商学部の制度・履修計画説明のための教務的なオリエンテーションでもありません。

 商学という学問は、社会科学の中でも「商品・サービス、お金の流れと取引、ビジネス(事業活動)における対外的な活動に関する領域」を扱う学問です。同時に、社会科学の各分野を総合的かつ実用的に応用する「総合社会科学」なのです。

 更に、「対外的な活動」とは「取引」のことです。「取引」とは、①探索→②交渉→③契約成立→④引き渡しと支払いから構成される経済的な人間関係の形成(=有償契約)のことです。なお、「取引」に参加するのは事業者だけではありません。消費生活者(消費者)も参加しますし、国・地方公共団体も参加することもあります。よって、「商学概論」の講義では、商学の総論部分、すなわち2年次以降のすべてのコース・分野に共通するテーマを扱います。ここでいう総論部分とは、①商学でいう「取引」の持つ意味、②すべての人が取引相手に対して考慮すべきこと、③実際の活動との関連も考慮した理論的な枠組みです。

 私の講義で展開する先人の理論及び私自身の見解はなるべく実情・実践と直結させ、机上の空論にはしません。講義で展開される事項は、実際、長い目で見れば直接的または間接的に結びついています。
学習の到達目標 1.取引における「信義誠実」及び事業活動における「マーケット・イン」の考え方の重要性を認識すること
2.商学の基礎概念及び研究領域=「取引」であることを習得し、2年次以降の商学の各分野への土台を構築すること

※大学の講義は、どの講義もテキストの章立て通り進行するものではありません。
※講義は下記の計画の流れの予定ですが、必ずしも完全固定ではありません。進度や理解度、その他諸事情によって、
  2週分まとめて展開したり遅れたりする場合もあれば、変更・削減する場合もあります。
※経済、経営、法律の用語・論法は口頭・板書で逐次補充しますので、必ず講義に集中し、かつ手書きでメモを取ってください。
※昨年度までは、需要曲線・供給曲線の導出及び整関数の微分を講義しましたが、商学を学ぶ1年生にとっては「他者への配慮」「取引倫理」を意識してもらうことの方が経済理論以上に重要かと考えましたので今年度は割愛します(必要な方には、個別にアドバイスします)。
授業計画 第1回 Ⅰ 導入 -商学的思考の軸 & 最低限心得るべき取引倫理-
 (※4/6迄に、テキストの、はしがき・ウォームアップ・第1章を読んでおくこと)

 商学という学問について 
   ① 「取引」とは何か?
   ②「商学原論」の構成要素=「取引の主体、客体、媒体、目的と関係形成」とは何か?
第2回  日常生活の中に商学的思考は存在する! 
   ① 大学での学び・大学生活は「自分力商品開発」、就職活動は自分をマーケティングすることだ!
   ② 喜んで頂ける人材になれ!
第3回  あなたが得る「お金」の意味を考える 
   ① なぜ、貨幣を保有するのか?
   ② 「取引の媒体」としての貨幣、現代の貨幣供給のしくみ
   ③ 資金獲得の方法 -消費生活者の場合、事業者の場合-
第4回  なぜ、「取引における『信義誠実』(民法1条2項)」と
  「マーケット・イン(和製英語)」が重要かつ根本なのか?(柏木の見解)
第5回 Ⅱ 商学と関連諸科学

 取引と法・経済の関連 1 
   ①人と人との関係=民法の考え、契約、債権と物権について
   ②個人間取引(C to C)、事業者取引(B to B)、消費者取引(B to C)について
第6回  取引と法・経済の関連 2
   ①生産、流通、消費について
   ②なぜ、事業者や消費生活者は取引に参加するのか? -「供給側」と「需要側」-
   ③取引が経済に及ぼすミクロ的側面とマクロ的側面ってどんなものがある?
第7回  取引と法・経済の関連 3
   ①自分1人だけで経済活動できない時は「分業」する! 
   ②A.スミスの言う「分業」の意味
第8回  ケース学習(テキストに有るAppendix1,2、各種ケース問題演習を予定)
第9回  取引と経営の関連 1
   ①作業の分割と取引主体の組織化
   ②法人制度・会社制度について
   ③「上場会社」の意味
第10回  取引と経営の関連 2
   ①経済学で言う競争の次元&「完全競争市場」の要件について
   ②実際のビジネスにおける競争の次元
第11回  取引と経営の関連 3
   ①簿記会計との関連
   ②代金の支払方法について
第12回  取引と経営の関連 4 
   ①マーケティングとマーチャンダイジングの連動及びリスク・マネジメントの重要性
   ②取引における4つのリスク(石原武政氏の見解)について
   ③事業において、攻撃と防御はなぜ同価値なのか
第13回 Ⅲ 取引観・市場観

 取引観・市場観の変化 1 -米国のマーケティング理念の変化("00~'60年代)
   ①顧客視点不在の取引観・市場観からの転換と模索 -1929年世界恐慌を契機に-
   ②マッカーシーモデル(いわゆる4P)の登場
   ③取引方法としてのマーケティング論と
     経営管理手法としてのマーケティング論の相違・及び両者の融合
第14回  取引観・市場観の変化 2 -日本流の取引観・市場観-
   ①近江商人の「三方よし」(=売り手良し、買い手良し、社会よし)の取引観
   ②福澤諭吉の「士魂商才」(及び菅原道真の「和魂商才」)、渋沢栄一の「論語と算盤」
   ③日本におけるマーケティングの導入(1955年以降)
   ④再考:「マーケット・イン」という和製英語
第15回  取引観・市場観の変化 3 -21世紀の取引観・市場観-
   ①CSR(企業の社会的責任)と「企業品質」
   ②マーケティングにおける「経験価値」「価値共創」の考え方
授業外学習の課題 ☆テキストと講義メモをよく見返して「復習」をしましょう。それでも分からない時は、担当者に質問しましょう。
☆どのコースを目指す方も本講義と並行又は2年次までに、現代経済入門Ⅰ・Ⅱ、簿記原理Ⅰ・Ⅱ、経営学総論Ⅰ・Ⅱ、民法Ⅰ・Ⅱを履修しておくとなお良いです。
履修上の注意事項 ※本講義は座席指定です。指定された場所に着席すること(前3列は、開けておく)。
※また、視力・聴力の理由により前方希望の方は、第1回目の講義で柏木までお知らせください。
※講義中のケイタイ・スマホ、電子機器の使用は禁止です(写メでのメモも禁止)。必ず、電源を切ってください。


★私語をしない、授業秩序を守ってください。これが分からない人に、大学生の資格も価値もありません。

★大人としての人間性とTPOを持ち合わせていることを当然の前提とします。講義室をサロンや談話室と勘違いしないで下さい。真剣に学ぶ人に対する権利侵害及び私に対する業務妨害です。

★必ず、第1回目の講義から必ずテキストを持参してください。

★これから商学の専門分野を学ぶ基礎となります。講義のスピードは速いので、自主休講が多かったりメモを取らないでいると、理解が不能となって確実に単位を落とします(昨年の不合格率=25%)。不合格になった人は大学での学び方、講義への取り組み方を改める必要があります。

★高校の授業は50分でしたが、大学は90分です。また、高校では大抵が赤点は29点以下か平均点から20点以下でしたが、大学では試験点数59点以下ならば赤点・不合格です。この点、要注意です!!
成績評価の方法・基準 ■期末試験の点数を基本に(70%)、予習課題又はチェックテストを含めた学習態度(30%)を目安に総合的に評価します。評価点60点以上で合格です。商学概論の場合、試験点数50点台が合格か否かの分かれ目になっています。

■成績評価ガイドラインに基づき、履修者(X除く)のうち、AAは5%以内、Aは25%以内とします。
テキスト 柏木信一『21世紀の商学原論-経済、商、法の3極思考-』晃洋書房2,100円+税
参考文献
主な関連科目 ☆商学科のすべてのコース・分野に関連。流通・マーケティング、貿易(国際商取引)、地域・観光、金融…etc.

☆更に、4年間かけて…

①流通やマーケティングに関心のある人
 →コース科目はもちろん必要です。実際のマーケティングにおいては、「自社(自店)」「お客さん」「競合品・ライバル」「社会的諸事情」の4つをおさえておくことが求められますので、社会全体に対する関心を持ちましょう。

②個別的に企業を分析したい、実証分析がしたい人
 →卒業までに、簿記・会計 or 数学・統計学 を身につけましょう。財務3表(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)の読み方か計量経済学のどちらかが身につけることができれば有用です。

③貿易、観光の実務に携わりたい人
 →国際知識やその地域の事情理解は勿論ですが、卒業までに、外国語と「外国為替論」と「貿易論」だけは必ず身につけましょう。また、日本の契約ルール(民法)及び国際私法を身につけておくとなお良いでしょう。

④金融の実務に携わりたい人
 →金融知識は勿論ですが、卒業までに、簿記(日商簿記2級以上)と会計学に加えて、 民法・会社法 or マクロ経済学 を身につけましょう。

⑤実戦を重視したい人や起業したい人
 →卒業までに、会計と民事法(日商簿記2級以上、会計学原理、経営分析論Ⅰ・Ⅱ、財務会計論Ⅰ・Ⅱ、原価計算論Ⅰ・Ⅱ、企業診断、民法Ⅰ~Ⅳ、会社法、商法、手形・小切手法)を身につけることをおすすめします。民事法学と会計学は、土台がしっかりしているだけでなく理論と実践が直結しているからです。
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
1.質問内容によっては、少し時間を掛けて説明する必要があるものは、次回の講義で説明することもあります。
2.質問は講義後でも、メールによる形でも対応します。柏木メール sk_question@yahoo.co.jp
URLリンク 柏木信一研究室HP

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(A群) 2007~2016 1・2・3・4
商学部商学科(A1群) FCBS11101 2017~2017 1・2・3・4