授業コード 06106111 クラス 11
科目名 多文化交流プロジェクト(地方の魅力) 単位数 2
担当者 藤 美帆 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 多文化交流プロジェクト(地方の魅力)Multicultural Project (Regional Attractions)
授業の概要 日本各地の地方における特色(歴史や文化など)に関するテーマを設定します。この授業では、日本の学生と留学生がともに情報収集、プレゼンテーションを行います。それによって、履修者間の多文化交流を深めるとともに、日本各地の地方の魅力を発掘し、発信し得る感性と能力を育むことをねらいとします。
学習の到達目標 ①名所・史跡・特産品・銘菓、郷土料理など日本各地の地方の魅力を発掘し、発信できるようになること。
②適切な情報を検索・収集し、それを整理して他者に伝えることがことができるようになること。


※以下のグループ発表のスケジュールに関しては履修者の人数に応じて対応します。
授業計画 第1回 オリエンテーション、日本語能力のレベル測定とニーズ分析
第2回 グループ・発表テーマ・発表順番決定、かるたクイズ
第3回 日本各地の基礎知識・発表の仕方に関する学習、発表のための共同作業①
第4回 日本各地の郷土料理・銘菓に関する学習、発表のための共同作業②
第5回 日本各地の名所・旧跡に関する学習、発表のための共同作業③
第6回 発表1回目(ABグループ)
第7回 発表1回目(CDグループ)
第8回 発表1回目(EFグループ)
第9回 発表1回目(GHグループ)
第10回 日本各地の魅力に関するディスカッション
第11回 発表2回目(ABグループ)
第12回 発表2回目(CDグループ)
第13回 発表2回目(EFグループ)
第14回 発表2回目(GHグループ)
第15回 これまでのまとめと復習
授業外学習の課題 グループでの発表準備、小レポート
履修上の注意事項 ①グループでの発表の内容を事前にチェックをしてほしい場合は、グループのリーダーが発表2週間前の授業日までに配布資料をメールでおくってください。発表の1週間前の授業日に添削したものを返却します。

②この授業はグループ活動が中心となります。同じグループになった人が不快な思いをしたり、学習を妨げるような行為および欠席は減点対象とし、特に厳しく対応します。

【この科目は、グローバルコース(2017年度生)対象科目にもなっています。※ただし、一部の学部・学科では配当されていない場合があります。】
成績評価の方法・基準 総括レポート30%・授業への取り組み70%(発表、小レポートを含む)を目安に総合的に評価します。この授業では定期的に授業をふりかえる小レポートがあります。また、遅刻・欠席は減点対象とします。
テキスト 必要に応じて資料を配布します。
参考文献 川島隆太監修(2006)『元気脳練習帳日本地図脳ドリル』学研.
主な関連科目 後期の「多文化交流プロジェクト(広島再発見)」も履修することを強く推奨します。
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
質問、相談は授業終了後、またはE-mailで受けつけます。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(グローバル科目) WIAC20202 2017~2017 1・2・3・4
商学部経営学科(グローバル科目) WIAC20202 2017~2017 1・2・3・4
経済科学部現代経済学科(グローバル科目) WIAC20202 2017~2017 1・2・3・4
経済科学部経済情報学科(グローバル科目) WIAC20202 2017~2017 1・2・3・4
人文学部人間関係学科社会学専攻(グローバル科目) WIAC20202 2017~2017 1・2・3・4
人文学部教育学科(グローバル科目) WIAC20202 2017~2017 1・2・3・4
人文学部英語英文学科(グローバル科目) WIAC20202 2017~2017 1・2・3・4
法学部法律学科(グローバル科目) WIAC20202 2017~2017 1・2・3・4
法学部国際政治学科(グローバル科目) WIAC20202 2017~2017 1・2・3・4
人間環境学部人間環境学科(グローバル科目) WIAC20202 2017~2017 1・2・3・4
健康科学部心理学科(グローバル科目) WIAC20202 2017~2017 1・2・3・4
健康科学部健康栄養学科(グローバル科目) WIAC20202 2017~2017 1・2・3・4