授業コード 05400461 クラス 61
科目名 初年次セミナー 単位数 2
担当者 太田 耕史郎 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 初年次セミナー Freshperson Seminar
授業の概要 この授業は次の3つのことを行う。
1.新聞記事より最新の経済トピックを把握すること
2.幾つかのテーマについてグループ学習すること
3.問題を解きながらミクロ経済学の基本を学習すること
1と2については,報告,発表,さらにレポート提出をしてもらう。
また,2のテーマはその都度,教員が指定するが,
「広島の魅力の発信」,「広島の新たな魅力の創出」が含まれるかも知れない。
学習の到達目標 1.最新の経済事象が把握できること
2.グループで上手に議論し,意見をまとめられること
3.上手に発表できること
4.ミクロ経済学の基本が理解できること
授業計画 第1回 概要の説明
学生の自己紹介
第2回 ・経済トピックの発表
・グループ学習
・ミクロ経済学─経済学とはどんな学問か?
第3回 ・経済トピックの発表
・グループ学習
・ミクロ経済学─合理性について
第4回 ・グループ学習
・ニュース紹介
第5回 ・経済トピックの発表
・グループ学習
・ミクロ経済学─費用について
第6回 ・経済トピックの発表
・グループ学習
・ミクロ経済学─需要と供給(1)
第7回 ・経済トピックの発表
・グループ学習
・ミクロ経済学─需要と供給(2)
第8回 ・経済トピックの発表
・ミクロ経済学─財・サービスの配分(価格機構)
第9回 ・経済トピックの発表
・ミクロ経済学─市場の失敗
第10回 ・経済トピックの発表
・グループ学習
第11回 ・経済トピックの発表
・グループ学習
・ミクロ経済学─囚人のジレンマ(ゲーム論)
第12回 ・経済トピックの発表
・グループ学習
・ミクロ経済学─政府の失敗
第13回 ・経済トピックの発表
・グループ学習
第14回 ・経済トピックの発表
・グループ学習
第15回 ・経済トピックの発表
・全体のまとめ
授業外学習の課題 1.経済トピックの発表とグループ学習の準備をすること。
2.ミクロ経済学の復習をすること。
履修上の注意事項 1.毎回,出席すること。
2.特定の新聞記事またはテーマについて掘り下げて調査すること。
3.授業中に出された問題を解くこと。
成績評価の方法・基準 学習の到達目標に書いた1~4の到達状況から総合的に評価する。
レポートも評価に含める。
テキスト なし。
参考文献 『スティグリッツ入門経済学』 (第4版)
主な関連科目 修大基礎講座,経済分析入門Ⅰ,ミクロ経済学Ⅰ,Ⅱ
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業時間中または授業の後に質問を受け付ける。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
経済科学部現代経済学科(修道スタンダード科目) 2011~2016 1
経済科学部現代経済学科(修道スタンダード科目) WSSF10204 2017~2017 1
経済科学部経済情報学科(修道スタンダード科目) 2011~2016 1
経済科学部経済情報学科(修道スタンダード科目) WSSF10204 2017~2017 1