授業コード 05300453 クラス 53
科目名 初年次セミナー 単位数 2
担当者 名波 彰子 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 リサーチプレゼンテーション
授業の概要 この授業では受講生が単独・ペア・グループ(受講生の数による)で、各自選んだテーマを選びます。決められたルールに則ってプレゼンテーションをおこない、質疑応答を行うことを主眼とします。また、最終的な形として、その内容をまとめたレポートを書きます。

この一連のプロセスを自ら体験しながら、以後の演習でのプレゼンテーションに必要となる知識や技術、心構えを身につけてもらうことを目標とします。
学習の到達目標 文書読解、情報・データ収集、プレゼンテーション、レポート作成などの技術を身につけること
授業計画 第1回 第1回 ガイダンス・イントロダクション
この授業の目標
第2回 第2回 「プレゼンテーションとは?」
資料収集、取材方法
第3回 第3回 「プレゼンテーションとは?」
プレゼンテーションの実施方法
第4回 プレゼンテーションに向けての事前作業
第5回 プレゼンテーション①
第6回 プレゼンテーション②
第7回 プレゼンテーション③
第8回 プレゼンテーション④
第9回 ハーフタイム:前半の総評とポイント説明、質疑応答
第10回 コース説明会(予定)
合同の授業となります。
第11回 プレゼンテーション⑤
第12回 事例報告①
第13回 事例報告②
第14回 事例報告③
第15回 事例報告④
及び
まとめ:大学でのリサーチやプレゼンテーションに求められるものとは?
授業外学習の課題 受講生には全員に課題プレゼンテーションをしてもらいますので、その準備がための課外学習が不可欠です。
最終的にはレポートを作成します。その準備も同時平行で行うため、テキストのほかに授業で提示される参考文献の読解や国際政治に関わるニュースの考察など、常日頃からの学習が不可欠となります。
履修上の注意事項 ・授業計画は受講生の理解度やイベント等の理由で変更となる場合があります。授業内でアナウンスがあるので各自留意すること。
・出席を毎回とります。授業開始時刻から10分を過ぎた入室は、正式に証明できる(列車遅延証明書など)相応の理由が無い限り欠席扱いとなります。
・無断欠席は厳禁です。病欠の場合は、医師の診断書を提出してください。
・第一回目の授業で授業テーマに関わる非常に重要な内容を扱うので、受講生は必ず出席をすること。
・プレゼンテーションをしなかった場合の評価は自動的にDかXとなります。また、正当な理由なく4回以上欠席しても同様となります。
・他の受講生の迷惑となる行為に対しては、退室処分を含む厳正な対応をとります。
・上記シラバスの予定は諸事情により変更することがあります。また、掲示板でのアナウンスは受講生すべてを対象としているので、各自が責任をもって確認をしてください。
成績評価の方法・基準 授業への取り組み、課題プレゼンテーション(70%)
レポート                (30%)
テキスト テキストは使用しません。
参考文献 授業中に適宜指示します。
主な関連科目 国際政治経済論Ⅰ・Ⅱ、国際NGO論
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
原則として授業直後の時間となります。
それ以外の時間については事前にアポイントをとってください。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
法学部法律学科(修道スタンダード科目) 2011~2016 1
法学部法律学科(修道スタンダード科目) WSSF10203 2017~2017 1
法学部国際政治学科(修道スタンダード科目) 2011~2016 1
法学部国際政治学科(修道スタンダード科目) WSSF10203 2017~2017 1