授業コード 05100413 クラス 13
科目名 初年次セミナー 単位数 2
担当者 山本 茂 他 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 初年次セミナー Freshperson Seminar
授業の概要  この授業は、修大基礎講座で学んだことを生かし、商学部経営学科でこれから学ぶ経営学などの基礎的な事柄について学習していくものです。ゼミ形式であるため、教員がみなさんに一方的に知識を伝授する方法はとりません。履修者の自主的な学習によって成り立つものです。それは、2年次以降のゼミナールでも行われる学習方法です。他人の意見に耳を傾け,自分の考えを述べることを通して、学習内容の理解をより深めることを体験します。この授業の締めくくりとして、レポートを作成します。
 以上のゼミ形式の授業に加え,2年次からのゼミナール登録やコース制についての説明や国際交流と異文化理解,マナー教育という授業もあります。ゼミ紹介・コース紹介と異文化理解は全クラス合同、マナー教育は2クラス合同で行います。
学習の到達目標 ゼミ形式の学習をとおして、経営学科で必要な基礎的・基本的な経営概念について学ぶ。
大学教育の特徴であるゼミ形式の学習方法を通して、専門教育における学び方を身につける。
自分で課題を見つけ、自分で学習するとともに、他の学生の意見を聞くことによりコミュニケーション能力と客観性を身に付ける。
授業計画 第1回 授業の内容や進め方の説明
第2回 資源の希少性
第3回 マナー教育
第4回 価格はどうやって決まるのか
第5回 様々なものの価格
第6回 ゼミ紹介・コース制紹介等
第7回 ゼミ紹介・コース制紹介等
第8回 国際交流と異文化理解
第9回 これ迄に学んだことの確認
第10回 株式会社
第11回 マナー教育
第12回 組織の仕組み
第13回 分業と調整
第14回 経営戦略
第15回 総括
授業外学習の課題 授業で扱うトピックスに関連する文献や資料に事前にしっかり目を通してくる。授業で学んだことに関するレポートを課す。
履修上の注意事項 問題意識をもって授業に臨み、ゼミの一員としての役割を果たすこと。授業中の私語は論外です。
成績評価の方法・基準 授業への取り組み状況,レポート提出によって総合的に評価します。
レポート(40%)、授業への取り組み状況(60%)で評価します。
テキスト 第一回目の授業で紹介します。
参考文献 (1)上林憲雄・奥林康司・? 泰雄・開本浩矢・森田雅也・竹林 明著『経験から学ぶ経営学入門』有斐閣ブックス、2,400円(税込)修大生協(ISBN: 978-4641183483)など
主な関連科目 修大基礎講座、現代企業入門
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業中や授業終了後に随時対応します。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(修道スタンダード科目) 2011~2016 1
商学部商学科(修道スタンダード科目) WSSF10201 2017~2017 1
商学部経営学科(修道スタンダード科目) 2011~2016 1
商学部経営学科(修道スタンダード科目) WSSF10201 2017~2017 1