授業コード 05100214 クラス 14
科目名 ファーストイヤー・セミナーⅡ 単位数 2
担当者 山﨑 敦俊 他 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 初年次セミナー First Year Seminar
授業の概要 この授業は、修大基礎講座の内容をベースに、これから学ぶ経営学が対象とする「会社」の仕組みを含む経営全般の事象について、ゼミ形式で学習をしていく。
実際には、自分たちで調べたことをレジュメにまとめて発表し、討論を行う形式で講義を進める。
こうした内容に加えて、2年次からのゼミナールの登録やコース制についての説明、国際交流と異文化理解、マナー教育なども行う。
なお、ゼミ紹介と異文化理解は全クラス合同で実施され、マナー教育は2クラス合同で実施される。
学習の到達目標 ①経営学科で必要な基礎的・基本的な知識を習得することができる。
②専門教育の学び方について学ぶことができる。
③自分で課題を見つけ、自分で学習するとともに、コミュニケーション能力、問題分析能力を身につけることができる。
授業計画 第1回 初年次セミナーの学習方法
第2回 会社って何だろう
第3回 マナー教育
第4回 会社を動かす人
第5回 会社を動かす仕組み
第6回 ゼミ紹介・コース制紹介等
第7回 ゼミ紹介・コース制紹介等
第8回 国際交流と異文化理解
第9回 中間まとめ
第10回 会社を取り巻く環境
第11回 マナー教育
第12回 会社を強くする仕組み
第13回 会社の数字とお金
第14回 職場としての会社
第15回 最終まとめ
授業外学習の課題 講義内容をふまえたレポートの作成
次回発表課題の準備
講義中に行う討論に必要な情報収集など
履修上の注意事項 ゼミ形式の授業であり、「授業のテーマ」のレジュメの作成、発表、他のグループへの質問、他のグルーブからの質問に対する回答等、授業全体を通しての取り組み姿勢を重視する。
授業に積極的に参加するように心がけること。
成績評価の方法・基準 授業への取り組み状況、レポートによって総合的に評価する。
評価は、毎回の授業で作成するレポートを50%、授業への取り組み姿勢(発表・討論への姿勢)を50%として行う。
テキスト 福地稔『会社のしくみがわかる本』日本能率協会マネジメントセンター
参考文献 ①日本経済新聞社「一目で分かる会社の仕組み第4版」日本経済新聞社
②上林憲雄他「経験から学ぶ経営学入門」有斐閣
③日本経済新聞社「ベーシック経営入門」日経文庫
主な関連科目 修大基礎講座
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
講義終了時やオフィスアワー等に研究室で対応する。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(修道スタンダード科目) 2007~2010 1
商学部経営学科(修道スタンダード科目) 2007~2010 1