授業コード 05100209 クラス 09
科目名 ファーストイヤー・セミナーⅡ 単位数 2
担当者 澄川 真幸 他 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 商学部での学びに必要な知識と思考様式の習得 Freshperson Seminar
授業の概要 この講義は、前期配当科目の修大基礎講座で学んだことを生かし、商学部で学ぶ学問の基本を学びます。その方法として、2年生以降で学ぶゼミナール形式(2・3・4年生のゼミや卒論で採用されている授業方式、以下では準備段階の意味を込めてプレゼミナール教育とよぶことにします)を採用します。つまり、担当教員のもとに少人数の学生が集まって特定の分野・テーマについて文献講読や発表・討論などを行うやり方です。したがって、この授業はグループ学習の方式で行われます。他人の意見に耳を傾け、自分の考えを述べることを通じてより理解を深めていきます。最後に、学んだことをレポートにまとめます。以上のほかに、マナー教育、国際交流と異文化理解、ゼミナール・コース制の紹介についての授業もあります。
学習の到達目標 商学部で必要となる基本的な思考様式をトレーニングすると同時に、2年生から始まる専門ゼミナールで必要となる能力(文献読解能力、プレゼン能力、対話能力、討議乘力)を身に着けることができます。
授業計画 第1回 ・初回授業は、この授業の概要を詳しく説明します。また、担当の先生が使用するテキストや教材の紹介もあります。さらには、2回目以降の講義の実施形式や課題についての説明もありますので、必ず出席をしてください。
第2回 ・先生方が選定されたテキストや教材について、担当の先生から詳しい説明がなされます。テキストや教材の読み込みからスタートすることになります。
第3回 ・テキストや教材の読み込みの後に、レジュメによる報告、報告についての質疑応答ならびに討論が行われます。
第4回 ・テキストや教材の読み込みの後に、レジュメによる報告、報告についての質疑応答ならびに討論が行われます。
第5回 ・テキストや教材の読み込みの後に、レジュメによる報告、報告についての質疑応答ならびに討論が行われます。
第6回 ・国際交流と異文化理解についての講義が行われます。商学科の全体授業です。
第7回 ・ゼミ紹介とコース制紹介が行なわれます。商学科の全体授業となります。
第8回 ・ゼミ紹介が行なわれます。商学科の全体授業となります。
第9回 ・マナー教育の実施。
第10回 ・テキストや教材の読み込みの後に、レジュメによる報告、報告についての質疑応答ならびに討論が行われます。
第11回 ・提出レポートの作成と担当教員からの指導が行われます。
第12回 ・提出レポートの作成と担当教員からの指導が行われます。
第13回 ・提出レポートの作成と担当教員からの指導が行われます。
第14回 ・マナー教育の実施
第15回 ・レポート提出と担当教員からの講評・コメントがあります。
授業外学習の課題 テキストや教材を使用しながら行われる初年次セミナーは、授業前に、該当するテキスト部分や教材部分の熟読が必要になります。授業後には、授業でわからなかった事や用語などは、図書館で調べるように習慣付けましょう。また、十分な時間をかけて、テキストや教材の復習をしておきましょう。
履修上の注意事項 授業内および授業外での宿題やワークが重視されます。マナー教育はクラス別日程となっています。異文化理解とゼミナール・コース紹介は学科全体で行います。したがって、教室変更がありますので、注意が必要です。マナー教育で学んだマナーを、初年次セミナーの授業で実践しましょう。
成績評価の方法・基準 授業への取り組み(40%)、最終レポート(60%)によって評価します。
テキスト 授業中に指定します。
参考文献 必要に応じて紹介します。
主な関連科目 修大基礎講座
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
①まず授業中に、担当される先生に直接質問しましょう。もし難ければ、授業終了後に質問しましょう。不明な点を次週に持ち越さないようにしましょう。
②①での機会を逃した場合には、思い切って先生の研究室を訪ねましょう。その際には、アポイントメントを取ることを忘れないようにしてください。
③また担当される先生方に、メールで質問することも可能です。
④さらに担当される先生方は、オフィス・アワーを持っていますので、それを利用するやり方もあります。その際に、アポイントメントを取ると、よりスムーズに質問時間が確保されることになるでしょう。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(修道スタンダード科目) 2007~2010 1
商学部経営学科(修道スタンダード科目) 2007~2010 1