授業コード 05005500 クラス
科目名 広島学(ひろしまの自然環境と景観) 単位数 2
担当者 松川 太一 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 広島学(ひろしまの自然環境と景観) Natural Environment and Scenery in Hiroshima
授業の概要  広島県に存する大学の学部として、その立地条件や自然特性を活用した「ひろしま」ならではの特徴ある「広島学」を開設する。この科目の目標は、人間環境学部が独自に設定した「ひろしまの自然環境と景観」というテーマに関して基本的知識を習得し、その概要が説明できる人材を養成することにある。
学習の到達目標 「ひろしまの自然環境と景観」というテーマに関して基本的知識を習得し、その概要が説明できる。
授業計画 第1回 ※ この授業計画は、担当者と相談の上で変更が生じる可能性がある
ガイダンス(松川)
第2回 〈自然環境〉広島の動物(担当:桑原)
第3回 〈自然環境〉西中国山地の生態系(担当:金井塚)
第4回 〈自然環境〉宮島フィールドワーク【第4回・第5回連続、4月下旬~5月初旬を予定】(担当:金井塚・菊間、引率:松川)
第5回 〈自然環境〉宮島フィールドワーク【第4回・第5回連続、4月下旬~5月初旬を予定】(担当:金井塚・菊間、引率:松川)
第6回 〈自然環境〉自然環境について考える(担当:松川)
第7回 〈自然環境〉広島の森と人の関わり(担当:山本)
第8回 第1回から第7回ふりかえり(確認テストと解説を含む)(担当:松川)
第9回 〈景観〉景観について考える(担当:松川)
第10回 〈景観〉竹原フィールドワーク【第10回・第11回連続、6月を予定】(担当:佐渡、引率:松川)
第11回 〈景観〉竹原フィールドワーク【第10回・第11回連続、6月を予定】(担当:佐渡、引率:松川)
第12回 〈景観〉景観について考える(担当:松川)
第13回 〈景観〉広島の景観(1)(担当:三浦+ゲストスピーカー)
第14回 〈景観〉広島の景観(2)(担当:三浦+ゲストスピーカー)
第15回 第9回から第14回ふりかえり(確認テストと解説を含む)、授業アンケート(担当:松川)
授業外学習の課題 ・ノート等を熟読して復習をすること。
・授業内容に関連する課題が出された時は取り組むこと。
・日常的に新聞記事やインターネット等から広島の自然環境や景観といった環境問題について情報を入手し、その情報を授業内容と関連づけて考える習慣を身につけること。
履修上の注意事項 ・宮島フィールドワーク、竹原フィールドワークについて、一度でも欠席・不参加となった受講者は「X」評価とする。ただしこれは、それ以外の授業を欠席してもよいという意味ではないので注意すること。
・受講希望者が多い場合は人数制限をおこなう。

【この科目は、地域イノベーションコース(2014年度以降生)対象科目にもなっています。】
成績評価の方法・基準 授業内で実施する2度の確認テスト(60%)、課題提出(15%)、授業への取り組み(25%)を総合的に評価する。
テキスト 特に指定しない。
参考文献 随時、授業に関連した文献を紹介する。
主な関連科目
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業中、授業終了後、オフィスアワー(曜日・時間は教員データベースに記載)の時間を活用してください。
上記以外で対応が必要な場合は事前に連絡してください。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(修道スタンダード科目) 2007~2016 2・3・4
商学部経営学科(修道スタンダード科目) 2007~2016 2・3・4
経済科学部現代経済学科(修道スタンダード科目) 2007~2016 2・3・4
経済科学部経済情報学科(修道スタンダード科目) 2007~2016 2・3・4
人文学部人間関係学科心理学専攻(修道スタンダード科目) 2007~2016 2・3・4
人文学部人間関係学科社会学専攻(修道スタンダード科目) 2007~2016 2・3・4
人文学部人間関係学科教育学専攻(修道スタンダード科目) 2007~2015 2・3・4
人文学部教育学科(修道スタンダード科目) 2016~2016 2・3・4
人文学部英語英文学科(修道スタンダード科目) 2007~2016 2・3・4
法学部法律学科(修道スタンダード科目) 2007~2016 2・3・4
法学部国際政治学科(修道スタンダード科目) 2007~2016 2・3・4
人間環境学部人間環境学科(修道スタンダード科目) 2007~2016 2・3・4