授業コード 04302621 クラス 21
科目名 日本事情(日本の政治) 単位数 2
担当者 篠原 新 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 日本の政治 Japanese Politics
授業の概要  この講義は、日本の政治の仕組みや実態について基本的な知識を得ることを目的としています。日本の政治がどんな仕組みによって動いているのか、日本の政治にはいかなる主体や勢力が関与しているのかなどについてできるだけ分かりやすく説明します。また、第二次世界大戦後の日本の政治がどのような軌跡を辿ってきたのかについても概観します。ただし、進捗状況によって予定を変更することもあります。
 なお、関連する時事問題についても随時取りあげて解説していきたいと思います。
学習の到達目標 日本語で、以下のことができるようになることを目指します。
1.日本の政治の仕組みについて、基本的な事柄を理解し自分の言葉で説明することができる。
2.日本の政治に関与する様々な主体や勢力がいかなる問題に直面しているのかを説明することができる。
3.第二次世界大戦後の日本の政治の軌跡について、その概要を説明することができる。
授業計画 第1回 はじめに─講義の目的と予定
第2回 日本国憲法(1)
第3回 日本国憲法(2)
第4回 司法 
※第2回と第3回の授業内容に関する小テストを行います。
第5回 立法
第6回 行政
第7回 政党 
※第4回、第5回、第6回の授業内容に関する小テストを行います。
第8回 選挙
第9回 地方政治
第10回 世論とマスメディア
第11回 官僚と利益団体
第12回 国際政治の展開
第13回 安全保障
第14回 戦後日本の政党政治
第15回 まとめ
授業外学習の課題 ・毎回、授業内容に関係する資料を配付するので、復習をしてください。
・普段から政治に関心を持ってテレビやインターネット、新聞等のニュースに目を通すようにしてください。
履修上の注意事項 ・日本語で授業を行います。
・遅刻、授業中の私語は禁止します。
・提出物の期限は厳守してください。
・その他の注意事項は、初回の授業時に説明します。
成績評価の方法・基準 毎回の意見や感想30%、小テスト20%、定期試験50%
変更する場合は、事前にお伝えします。
テキスト 使用しません。プリントを配布します。
参考文献 ・山口二郎『政治の仕組みがわかる本』岩波書店(岩波ジュニア新書)、2009年。
・池上彰『政治のことよくわからないまま社会人になった人へ(第3版)』海竜社、2014年。
主な関連科目
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業中や授業終了後に、質問と相談を受け付けます。そのほかの時間にも受け付けますが、事前に連絡をください。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(教養科目) 2011~2016 1・2・3・4
商学部経営学科(教養科目) 2011~2016 1・2・3・4
経済科学部現代経済学科(教養科目) 2011~2016 1・2・3・4
経済科学部経済情報学科(教養科目) 2011~2016 1・2・3・4
人文学部人間関係学科心理学専攻(教養科目) 2011~2016 1・2・3・4
人文学部人間関係学科社会学専攻(教養科目) 2011~2016 1・2・3・4
人文学部人間関係学科教育学専攻(教養科目) 2011~2015 1・2・3・4
人文学部教育学科(教養科目) 2016~2016 1・2・3・4
人文学部英語英文学科(教養科目) 2011~2016 1・2・3・4
法学部法律学科(教養科目) 2011~2016 1・2・3・4
法学部国際政治学科(教養科目) 2011~2016 1・2・3・4
人間環境学部人間環境学科(教養科目) 2011~2016 1・2・3・4