授業コード 04100621 クラス 21
科目名 日本語Ⅵ 単位数 1
担当者 山中 康子 履修期 第4学期
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 読解と作文(2) 中級 Intermediate Japanese:Reading and Writing(2)
授業の概要 文字による情報受信・発信能力の向上を目的とします。中級レベルの読解および作文スキルの習得とともに、読解(多読と精読)によるインプット活動から作文などのアウトプット活動へとつなげます。さらに、習得した技能を総合的に運用する能力を高めるための中級レベルの活動に取り組みます。

※以下の授業計画は受講生の日本語能力に応じて対応します。
学習の到達目標 ・中級レベルの読解素材を正確に、また必要な速度で読めるようになること。
・読み取った内容に基づいて、自分の考えや調べたことを作文できるようになること。
授業計画 第1回 オリエンテーション
日本語能力のレベル測定とニーズ分析
第2回 読解(1)「社会」を扱った文章
第3回 作文(1)-読解(1)に基づく
第4回 読解(2)「コミュニケーション」に関する文章
第5回 作文(2)-読解(2)に基づく
第6回 読解(3)「科学」に関する文章
第7回 作文(3)-読解(3)に基づく
第8回 これまでのまとめと中間試験
第9回 読解(4)「生き方」を扱った文章
第10回 作文(4)-読解(4)に基づく
第11回 読解(5)「メディア」に関する文章
第12回 作文(5)-読解(5)に基づく
第13回 読解(6)「仕事」に関する文章
第14回 作文(6)-読解(6)に基づく
第15回 復習とまとめ
授業外学習の課題 該当箇所の予習をしてください。授業中に完成しなかった課題は宿題となります。
履修上の注意事項 予習・復習をしてください。
成績評価の方法・基準 授業への取り組みや課題提出(宿題を含む)(30%)、中間試験(30%)、期末試験(40%)を目安に総合的に評価します。課題の未提出、遅刻・欠席は減点対象とします。
テキスト 初回にレベル・ニーズなどを見て、学習者と相談の上テキストを決定します。
参考文献 授業で適宜紹介します。
主な関連科目
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
質問、相談は基本的に授業終了後、またはE-mailで受け付けます。また、授業内容に関する疑問はその授業中に積極的に質問してください。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(グローバル科目) WIAF10106 2017~2017 1・2・3・4
商学部経営学科(グローバル科目) WIAF10106 2017~2017 1・2・3・4
経済科学部現代経済学科(グローバル科目) WIAF10106 2017~2017 1・2・3・4
経済科学部経済情報学科(グローバル科目) WIAF10106 2017~2017 1・2・3・4
人文学部人間関係学科社会学専攻(グローバル科目) WIAF10106 2017~2017 1・2・3・4
人文学部教育学科(グローバル科目) WIAF10106 2017~2017 1・2・3・4
人文学部英語英文学科(グローバル科目) WIAF10106 2017~2017 1・2・3・4
法学部法律学科(グローバル科目) WIAF10106 2017~2017 1・2・3・4
法学部国際政治学科(グローバル科目) WIAF10106 2017~2017 1・2・3・4
人間環境学部人間環境学科(グローバル科目) WIAF10106 2017~2017 1・2・3・4
健康科学部心理学科(グローバル科目) WIAF10106 2017~2017 1・2・3・4
健康科学部健康栄養学科(グローバル科目) WIAF10106 2017~2017 1・2・3・4