授業コード 04100521 クラス 21
科目名 日本語Ⅴ 単位数 1
担当者 藤 美帆 履修期 第2学期
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 読解と作文 中級 Intermediate Japanese: Reading and Writing
授業の概要 自分の意見や考えを文章で効果的に相手に伝えられるようになることを目指し、そのために必要な技術を学びます。
授業では、ペアやグループで作文を推敲する活動も行います。

※以下の授業計画は受講生の日本語能力や人数に応じて対応します。
学習の到達目標 この授業では以下の4点を目指します。
①自分の意見や考えを文章で効果的に相手に伝えられるようになること。
②日本語の文章作成における適切な表現、表記がつかいこなせるようになること。
③自身で文章を推敲・校正できるようになること。
④手書きによるものだけでなく、パソコンでも文書が作成できるようになること。
授業計画 第1回 オリエンテーション
日本語能力のレベル測定とニーズ分析
第2回 段落構成の基礎(導入、読解・作文練習)
第3回 段落構成の応用(推敲、作文完成)
第4回 表記の基礎(導入、読解・作文練習)
第5回 表記の応用(推敲、作文完成)
第6回 書き言葉の基礎(導入、読解・作文練習)
第7回 書き言葉の応用(推敲・作文完成)
第8回 メールの基礎・応用(導入、練習、推敲、完成)
第9回 原稿用紙の使い方―横書きの基礎―(導入、読解・作文練習)
第10回 原稿用紙の使い方―横書きの応用―(推敲・作文完成)
第11回 原稿用紙の使い方―縦書きの基礎―(導入、読解・作文練習)
第12回 原稿用紙の使い方―縦書きの応用―(推敲・作文完成)
第13回 手紙の基礎(導入、練習、推敲、完成)
第14回 手紙の応用(導入、練習、推敲、完成)
第15回 まとめと復習
授業外学習の課題 授業中に完成しなかった場合、作文練習は宿題となります。
作文をメールで提出する課題があります。
履修上の注意事項 授業中に完成しなかった場合、作文練習は宿題となります。
授業期間中に作文を清書したものをメールで提出する課題があります。
この授業ではペアやグループでの活動を行います。同じペアになった人の学習を妨げるような行為、遅刻・欠席は減点対象とし、特に厳しく対応します。
成績評価の方法・基準 課題50%、期末試験30%、授業への取り組み20%を目安に総合的に評価します。
課題の未提出、遅刻・欠席は減点対象とします。
テキスト
参考文献 授業で適宜紹介します。
主な関連科目
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
質問、相談は授業終了後、またはE-mailで受け付けます。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(グローバル科目) WIAF10105 2017~2017 1・2・3・4
商学部経営学科(グローバル科目) WIAF10105 2017~2017 1・2・3・4
経済科学部現代経済学科(グローバル科目) WIAF10105 2017~2017 1・2・3・4
経済科学部経済情報学科(グローバル科目) WIAF10105 2017~2017 1・2・3・4
人文学部人間関係学科社会学専攻(グローバル科目) WIAF10105 2017~2017 1・2・3・4
人文学部教育学科(グローバル科目) WIAF10105 2017~2017 1・2・3・4
人文学部英語英文学科(グローバル科目) WIAF10105 2017~2017 1・2・3・4
法学部法律学科(グローバル科目) WIAF10105 2017~2017 1・2・3・4
法学部国際政治学科(グローバル科目) WIAF10105 2017~2017 1・2・3・4
人間環境学部人間環境学科(グローバル科目) WIAF10105 2017~2017 1・2・3・4
健康科学部心理学科(グローバル科目) WIAF10105 2017~2017 1・2・3・4
健康科学部健康栄養学科(グローバル科目) WIAF10105 2017~2017 1・2・3・4