授業コード 04100321 クラス 21
科目名 日本語Ⅲ 単位数 1
担当者 藤 美帆 履修期 第1学期
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 日本語文法 中級(1) Intermediate Japanese: Grammar(1)
授業の概要 本講義では中級レベルの文法を学習し、言語知識及び運用能力を養成する。具体的な授業の流れは以下の通り。 
(1) 文法の学習、基本練習 
(2) 練習問題(宿題)
(3) 練習問題の解説、運用練習

 ※以下の授業計画は受講生のレベル、あるいは受講人数に応じて対応する。
学習の到達目標 中級中期レベルの重要文型が使いこなせるようになること。
授業計画 第1回 オリエンテーション、日本語能力のレベル測定とニーズ分析
第2回 第1課 文法の学習、基本・運用練習
第3回 第2課 文法の学習、基本・運用練習、練習問題の解説
第4回 第3課 文法の学習、基本・運用練習、練習問題の解説
第5回 第4課 文法の学習、基本・運用練習、練習問題の解説
第6回 第5課 文法の学習、基本・運用練習、練習問題の解説
第7回 第6課 文法の学習、基本・運用練習、練習問題の解説
第8回 中間テストとその解説、第1課~第6課までの文法の運用練習
第9回 第7課 文法の学習、基本・運用練習、練習問題の解説
第10回 第8課 文法の学習、基本・運用練習、練習問題の解説
第11回 第9課 文法の学習、基本・運用練習、練習問題の解説
第12回 第10課 文法の学習、基本・運用練習、練習問題の解説
第13回 第11課 文法の学習、基本・運用練習、練習問題の解説
第14回 第12課 文法の学習、基本・運用練習、練習問題の解説
第15回 まとめと復習
授業外学習の課題 予習、宿題(重要文型の短文作成および練習問題)
履修上の注意事項 ①授業の該当部分を毎回授業前に、語句の意味、漢字の読みなどの予習をしてくること。
②宿題は、原則的に次回の授業において提出すること。期限を守らない場合は減点対象とする。
成績評価の方法・基準 授業への取り組み及び課題提出(宿題を含む)(20%)・中間テスト(40%)・期末試験(40%)を目安に総合的に評価する。遅刻・欠席は減点対象とする。
テキスト 受講生のレベルに応じて対応する。
参考文献 新完全マスター文法 日本語能力試験N2
主な関連科目 日本語Ⅳ_21
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
質問、相談は授業終了後、またはE-mailで受けつける。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(グローバル科目) WIAF10103 2017~2017 1・2・3・4
商学部経営学科(グローバル科目) WIAF10103 2017~2017 1・2・3・4
経済科学部現代経済学科(グローバル科目) WIAF10103 2017~2017 1・2・3・4
経済科学部経済情報学科(グローバル科目) WIAF10103 2017~2017 1・2・3・4
人文学部人間関係学科社会学専攻(グローバル科目) WIAF10103 2017~2017 1・2・3・4
人文学部教育学科(グローバル科目) WIAF10103 2017~2017 1・2・3・4
人文学部英語英文学科(グローバル科目) WIAF10103 2017~2017 1・2・3・4
法学部法律学科(グローバル科目) WIAF10103 2017~2017 1・2・3・4
法学部国際政治学科(グローバル科目) WIAF10103 2017~2017 1・2・3・4
人間環境学部人間環境学科(グローバル科目) WIAF10103 2017~2017 1・2・3・4
健康科学部心理学科(グローバル科目) WIAF10103 2017~2017 1・2・3・4
健康科学部健康栄養学科(グローバル科目) WIAF10103 2017~2017 1・2・3・4