授業コード 04100211 クラス 11
科目名 日本語Ⅱ 単位数 1
担当者 藤 美帆 履修期 第4学期
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 語彙と口頭表現(初級) Basic Japanese: Vocabulary and Oral Expression
授業の概要 留学生活の中でよく接する場面での日常会話を聞き、口頭練習によって、その表現や言い回し、語彙などを使えるようにする。

※以下の授業計画は学生の日本語能力に応じて対応する。
学習の到達目標 日本での留学生活の中でよく接する日常会話が理解できる語彙力と、それに対応するための表現力を身につけること。
授業計画 第1回 オリエンテーション、日本語能力のレベル測定、ニーズ分析
第2回 課題教材の紹介
第1課 導入、聴解・口頭練習、会話作成
第3回 第1課 小テスト(第1課)応用練習、会話発表
第4回 第2課 小テスト(第2課)、導入、聴解・口頭練習、会話作成
第5回 第2課 応用練習、会話発表
第6回 第3課 小テスト(第3課)、導入、聴解・口頭練習、会話作成
第7回 第3課 応用練習、会話発表
第8回 第4課 小テスト(第4課)、導入、聴解・口頭練習、会話作成
第9回 第4課 応用練習、会話発表
第10回 第5課 小テスト(第5課)、導入、聴解・口頭練習、会話作成
第11回 第5課 応用練習、会話発表
第12回 第6課 小テスト(第6課)、導入、聴解・口頭練習、会話作成
第13回 第6課 応用練習、会話発表
第14回 第7課 小テスト(第7課)、導入、聴解・口頭練習、会話作成
第15回 第7課 応用練習

これまでのまとめと復習
授業外学習の課題 小テスト、会話発表
履修上の注意事項 ①各課のはじめに単語テストをします。予習として単語を覚えてきてください。
②各課のおわりに、まとめとして会話発表を行います。会話発表では、スクリプトを見ないで発表してもらいます。事前に覚えてきてください。
③この授業はペアでの活動が中心となります。同じペアになった人の学習を妨げるような行為、遅刻・欠席は減点対象とし、特に厳しく対応します。
成績評価の方法・基準 授業への取り組み(授業中の会話発表を含む)(20%)・小テスト(40%)・期末試験(40%)を目安に総合的に評価する。遅刻・欠席は減点対象とします。
テキスト 履修者のレベルやニーズに応じて対応します。
参考文献 授業内で適宜紹介します。
主な関連科目
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
質問、相談は授業終了後、またはE-mailで受けつけます。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(グローバル科目) WIAF10102 2017~2017 1・2・3・4
商学部経営学科(グローバル科目) WIAF10102 2017~2017 1・2・3・4
経済科学部現代経済学科(グローバル科目) WIAF10102 2017~2017 1・2・3・4
経済科学部経済情報学科(グローバル科目) WIAF10102 2017~2017 1・2・3・4
人文学部人間関係学科社会学専攻(グローバル科目) WIAF10102 2017~2017 1・2・3・4
人文学部教育学科(グローバル科目) WIAF10102 2017~2017 1・2・3・4
人文学部英語英文学科(グローバル科目) WIAF10102 2017~2017 1・2・3・4
法学部法律学科(グローバル科目) WIAF10102 2017~2017 1・2・3・4
法学部国際政治学科(グローバル科目) WIAF10102 2017~2017 1・2・3・4
人間環境学部人間環境学科(グローバル科目) WIAF10102 2017~2017 1・2・3・4
健康科学部心理学科(グローバル科目) WIAF10102 2017~2017 1・2・3・4
健康科学部健康栄養学科(グローバル科目) WIAF10102 2017~2017 1・2・3・4