授業コード 04100121 クラス 21
科目名 日本語Ⅰ 単位数 1
担当者 家村 伸子 履修期 第2学期
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 日本語Ⅰ【語彙と表現】Japanese Ⅰ Vocabulary and expressions
授業の概要 文字、語彙、表現を体系的に学ぶとともに、その運用能力を高めるための訓練を行う。実際の使用例に触れながら、仮名、漢字、表記、語構成、語彙の体系などの基礎について学ぶ。履修者のレベルに応じて語彙や表現を選択し、課題教材を使用して日本語能力を向上させる。
学習の到達目標 ・日常的な場面や留学生活で頻繁に必要とされる語彙・表現が正しく使用できる。
・基本的な漢字を正しく認識し、適切に使用できる。
授業計画 第1回 受講する学習者の日本語能力レベルを判定し、その能力に沿った日本語教科書を使用する。授業は毎回の課題と確認テストによって進める。
オリエンテーション、レベル測定
第2回 課題教材の紹介と評価の説明、語彙・漢字・表現(1)
第3回 第2回目の学習事項確認小テスト(1)、語彙・漢字・表現(2)
第4回 語彙・漢字・表現(3)
第5回 第3回、第4回の学習事項確認小テスト(2)、語彙・漢字・表現(4)
第6回 語彙・漢字・表現(5)
第7回 第5回、第6回の学習事項確認小テスト(3)、語彙・漢字・表現(6)
第8回 語彙・漢字・表現(7)
第9回 これまでのまとめと復習 、中間テスト
第10回 語彙・漢字・表現(8)
第11回 第10回の学習事項確認小テスト(4)、語彙・漢字・表現(9)
第12回 語彙・漢字・表現(10)
第13回 第11回、第12回の学習事項確認小テスト(5)、語彙・漢字・表現(11)
第14回 語彙・漢字・表現(12)
第15回 第13回、第14回の学習事項確認小テスト(6)、これまでのまとめと復習
授業外学習の課題 宿題など。
履修上の注意事項 授業前の予習、授業後の復習を必ず行うこと。授業日に出された宿題は次の授業までに済ませておくこと。
欠席の場合は必ず理由とともに連絡すること。
成績評価の方法・基準 中間テスト(20%)、期末テスト(40%)、学習事項確認小テスト(20%)、宿題や提出課題(20%)、および授業への参加、取り組み方などにより総合的に評価する。遅刻・無断欠席は減点対象とする。
テキスト 履修者の、文法知識、口頭能力、作文能力などを測定した上で、学習目的に沿って決定する。
参考文献 授業で適宜紹介する。
主な関連科目
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
質問や相談のある学生は、授業終了後、またはE-メールでいつでも受け付ける。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(グローバル科目) WIAF10101 2017~2017 1・2・3・4
商学部経営学科(グローバル科目) WIAF10101 2017~2017 1・2・3・4
経済科学部現代経済学科(グローバル科目) WIAF10101 2017~2017 1・2・3・4
経済科学部経済情報学科(グローバル科目) WIAF10101 2017~2017 1・2・3・4
人文学部人間関係学科社会学専攻(グローバル科目) WIAF10101 2017~2017 1・2・3・4
人文学部教育学科(グローバル科目) WIAF10101 2017~2017 1・2・3・4
人文学部英語英文学科(グローバル科目) WIAF10101 2017~2017 1・2・3・4
法学部法律学科(グローバル科目) WIAF10101 2017~2017 1・2・3・4
法学部国際政治学科(グローバル科目) WIAF10101 2017~2017 1・2・3・4
人間環境学部人間環境学科(グローバル科目) WIAF10101 2017~2017 1・2・3・4
健康科学部心理学科(グローバル科目) WIAF10101 2017~2017 1・2・3・4
健康科学部健康栄養学科(グローバル科目) WIAF10101 2017~2017 1・2・3・4