授業コード 03306251 クラス 51
科目名 野外運動実習Ⅱ(スキー発展) 単位数 1
担当者 山西 正記 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 パラレルでのロングターンとショートターン
授業の概要  この科目では、冬のスポーツであるスキーをとりあげ、雪の上という日常生活の運動場面と異なる環境における最適な身体の使い方について学習します。これは、各スポーツ実習の授業では習得できない身体のコントロールです。
 スキー発展では、クロスオーバーのあるターンができるようになることを基本とし、そのターンを基にした大回りのパラレルターン・小回りのパラレルターンの習得を目標とします。また、新雪や不整地など様々な状況に合わせた滑り方の学習も行います。さらに、板をずらさないカービングターンについても学習します。
 また、広島近辺のスキー場ではスノーボーダーの数が増え、事故も増えています。そこで、スキーを行うときの安全対策(スキー場でのマナー・コースの選定など)についての知識を実践的に獲得することも目的とします。
学習の到達目標  クロスオーバーのあるパラレルでのロングターンとショートターンができるようになる。
授業計画 第1回  以下の計画に基づいて授業を行いますが、スキルレベルや天候などによって変更する場合があります(学内での授業2回と3泊4日の集中講義形式の授業です)。
第1回:オリエンテーション
第2回 道具・用具に関する基礎知識および回転からターンへの発展過程に関する講義
第3回 斜滑降から、谷スキーのトップの前にストックを突いて伸び上がり抜重
第4回 ストックを突いて伸び上がり、エッジを切り替えて沈み込み
第5回 パラレルギルランデ ⇒ パラレルポジションで上述の第3回および第4回
第6回 谷足スキー1本で斜滑降
第7回 2本のストックを両手で持ちそれを水平にフォールラインに向けてパラレルターン
第8回 斜滑降をしながら両足で連続ジャンプ
第9回 プルークポジションでのストックワークを伴ったショートターン
第10回 パラレルポジションでテールをずらしたショートターン
第11回 フォールラインへ向かって横滑りしてエッジング、の繰り返し
第12回 急斜面でのパラレルショートターン
第13回 カービングでのロングターン
第14回 ターンの前半はテールをずらして滑り、ターンの後半はエッジングを強めてターン
第15回 コブの頂上付近でスキーをスピンさせ、コブの谷側をアンギュレーションを強めて制動
授業外学習の課題  集中講義期間中に、受講生の皆さんの滑りをビデオで撮影します。それを自由時間などに観て、自分の滑りの改善点を見つけてください。また、他の受講生の滑りを観て、自分の滑りとの違いや、Ⅱ(スキー発展)とⅠ(スキー)の受講生が取り組んでいる課題の違いなどを確認してください。
 配布する実習日誌に、集中講義期間中に行った学習課題・到達したスキル状況・感想などを記載して提出してください。
履修上の注意事項 定員は10名程度です。場所は、北海道のルスツスキー場を予定しています。費用については、値上がりしたため、交通費、宿泊費、朝夕の食費、3日間のリフト代を含めて85,000円前後が必要です。ただし、これにはスキー用具のレンタル料金(スキー板,ストック,ブーツ,ウェア上下,ゴーグル,帽子,手袋をすべて借りる場合、4日間で約2万円の予定です。)は含まれていません。
成績評価の方法・基準  授業における課題遂行状況(80%)
 スキルの到達度レベル(20%)
テキスト 使用しません。
参考文献 図書館にスキー関係の本やビデオ(DVD)があります。
主な関連科目 野外運動実習科目
運動科学論
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
質問・相談は、基本的に随時受け付けます。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(保健体育科目) 2007~2015 2・3・4※1
商学部商学科(保健体育科目) 2016~2016 2・3・4
商学部商学科(保健体育科目) WGEP11312 2017~2017 2・3・4
商学部経営学科(保健体育科目) 2007~2015 2・3・4※1
商学部経営学科(保健体育科目) 2016~2016 2・3・4
商学部経営学科(保健体育科目) WGEP11312 2017~2017 2・3・4
経済科学部現代経済学科(保健体育科目) 2007~2015 2・3・4※1
経済科学部現代経済学科(保健体育科目) 2016~2016 2・3・4
経済科学部現代経済学科(保健体育科目) WGEP11312 2017~2017 2・3・4
経済科学部経済情報学科(保健体育科目) 2007~2015 2・3・4※1
経済科学部経済情報学科(保健体育科目) 2016~2016 2・3・4
経済科学部経済情報学科(保健体育科目) WGEP11312 2017~2017 2・3・4
人文学部人間関係学科心理学専攻(保健体育科目) 2007~2015 2・3・4※1
人文学部人間関係学科心理学専攻(保健体育科目) 2016~2016 2・3・4
人文学部人間関係学科社会学専攻(保健体育科目) 2007~2015 2・3・4※1
人文学部人間関係学科社会学専攻(保健体育科目) 2016~2016 2・3・4
人文学部人間関係学科社会学専攻(保健体育科目) WGEP11312 2017~2017 2・3・4
人文学部人間関係学科教育学専攻(保健体育科目) 2007~2015 2・3・4※1
人文学部教育学科(保健体育科目) 2016~2016 2・3・4
人文学部教育学科(保健体育科目) WGEP11312 2017~2017 2・3・4
人文学部英語英文学科(保健体育科目) 2007~2015 2・3・4※1
人文学部英語英文学科(保健体育科目) 2016~2016 2・3・4
人文学部英語英文学科(保健体育科目) WGEP11312 2017~2017 2・3・4
法学部法律学科(保健体育科目) 2007~2015 2・3・4※1
法学部法律学科(保健体育科目) 2016~2016 2・3・4
法学部法律学科(保健体育科目) WGEP11312 2017~2017 2・3・4
法学部国際政治学科(保健体育科目) 2007~2015 2・3・4※1
法学部国際政治学科(保健体育科目) 2016~2016 2・3・4
法学部国際政治学科(保健体育科目) WGEP11312 2017~2017 2・3・4
人間環境学部人間環境学科(保健体育科目) 2007~2015 2・3・4※1
人間環境学部人間環境学科(保健体育科目) 2016~2016 2・3・4
人間環境学部人間環境学科(保健体育科目) WGEP11312 2017~2017 2・3・4
健康科学部心理学科(保健体育科目) WGEP11312 2017~2017 2・3・4
健康科学部健康栄養学科(保健体育科目) WGEP11312 2017~2017 2・3・4