授業コード 02304200 クラス
科目名 上級外国語Ⅱ(フランス語) 単位数 2
担当者 杉浦 順子 履修期 後期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 続・コミュニケーションのためのフランス語
授業の概要  上級フランス語Ⅰにつづき、将来的にフランス語圏への留学を考えている学生や実用フランス語検定で4級よりもさらに上の検定取得を目指す学生、フランス語圏に留学後、そこで得た語学力をさらにブラッシュアップしたい学生など、高いモチベーションを持つ学生を対象に、フランス語圏に滞在したとき必要とされる簡単なコミュニケーションがとれることを目標に、実践的なフランス語の習得をしていきます。ここでも具体的な行為目的を設定し、場面にあった表現を学んでいきますが、最終的にはそれを発展させ、現地での小旅行や友人を呼んでのパーティーの企画など、グループで具体的な企画を達成していきます。またCM、映画、インタビュー、広告など加工されていないドキュメントに触れ、生のフランス語に目と耳を慣らしていくことも続けていきます。またフランスからの交換留学生との共同授業も企画していく予定です。
学習の到達目標 加工されていないフランス語を聴いて、大雑把な内容が理解できるようになる。簡単なメールのやりとりや、日常生活の具体的なできごとや自分の意思を大雑把に伝えることができる。具体的には実用フランス語検定3級〜准2級レベル、またはヨーロッパ言語共通参照枠のA2〜B1レベルへの到達を目指す。
授業計画 第1回 後期の授業のガイダンス。目標や学習の仕方を説明。受講者はぞれぞれの学習目標をたてる。
自己紹介もかねて夏休みの体験を互いに紹介する。
第2回 L. 7 :買い物
 自分のサイズ、好み、買い物の目的を伝える。買い物に必要な語彙を習得する。
第3回 L.8:交通手段を使う
 切符の買い方、交通手段に関係する語彙や行程を尋ねるときに使う表現を学ぶ。短い距離で移動する場合の場面をシミュレーションする
第4回 L.8:小旅行を計画する 
 今度は実際に旅行会社のパンフレットなど見ながら、グループでフランス旅行を計画する。
第5回 L.8:小旅行を計画する2
 グループでそれぞれの企画をプレゼンしていく。発表を通して、文法事項のチェックと各グループが選んだ地域の社会的、文化的特性を全員で確認する。
第6回 L.9 : 過去の体験を伝える、ある出来事を描写する
 主に、二つの過去形の使い方を体感的に学びながら、ある程度まとまった量の話がフランス語で伝えられるようになることを目指す。また、相槌の表現などを習得する。
第7回 L.9:過去の体験や物語を聴く
 今度は過去形をベースに語られる、短い物語や出来事を聞いて、大雑把に内容が理解できるか確認しましょう。同時に、再度過去形の文法についても復習。
第8回 L.10:仮定する、条件をつける
 条件法について文法的に説明し、つぎに実際にどういう場面で使うか、場面をシミュレーションしながら学んでいく。
第9回 L.10:主観的にものをいう(推測、仮定、希望など)
 接続法の一般的な使い方を文法的に説明し、つぎに実際にどういう場面で使うか取り上げたあとで、実際に接続法を使ってカードを書いてみる。
第10回 L.11:提案する、誘う、誘いを承諾する、断る
いくつかディアローグを聞きながら、何かを提案する時、誘う時の表現、それを了承する時、断る時の表現を習得する。資料をみながら、遊びに行く計画を立て、それを実際に演じて口頭で練習する。
第11回 L.11:招待する、される1
様々な招待文を読み、内容を理解する。よく使う表現を習得し、それを実際に使って人を招待する文を作成する。
第12回 L.11:招待する、される2
作った招待文をみんなで見ながら、問題点などをチェックする。招待されたあとのお礼の言葉を学ぶ。
第13回 L.12 :文化理解のためのディスカッション
年中行事や社会習慣などを通して、フランス語圏と日本の文化の違いを考える。他者の文化に対して不思議に思うことを、フランス語で文章化してみる。また出てきた疑問に対して、皆でディスカッションし、自分の国や他国についての視点を養う。
第14回 映画鑑賞:フランス語圏の歴史、文化、社会事情を描いた作品を鑑賞し、そのテーマについてディスカッション。
第15回 後期のまとめとオラル試験
授業外学習の課題 - 授業のテーマに合わせて、短い作文や文章の読解が課題に出されたときには、きちんと辞書を引いて、準備をしてくること。
- 普段から、新聞、インターネット、テレビなどでフランスやフランス語圏のさらにはヨーロッパでの出来事に関心を持つこと。
- 普段から課題配布するプリントをきちんと整理し、自ら工夫して語彙をまとめるなど、上達するための小さな努力を続けることが望ましい
履修上の注意事項 初修フランス語につづいて基礎文法の理解に重点をおいた「言語と文化 Ⅱ、Ⅳ(フランス、フランス語圏)」と同時に受講が可能です。
シラバスの内容は、受講者の習得度に従って、内容が前後したり、進度が多少変更する場合があります。
評価基準を見てもわかるように、受講者には高いモチベーションと授業への積極的な参加が求められます。つまり、授業に参加するのは当然のこと、積極的に課題にアプローチし、各授業でのテーマをこなしていくことが大切です。上手に話す必要はありません。コミュニケーションを取ろうとすることに主眼をおいて、羞恥心をすててチャレンジしてください。
成績評価の方法・基準 授業への積極的な参加と授業中の課題(グループワークも含める)の遂行60%、期末試験40%。
テキスト Rythmes & communication, éditions ASAHI ; ほか、プリントを随時使用。
参考文献 授業中に紹介していきます。
主な関連科目 フランス語 Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ、言語と文化 Ⅰ、II、 Ⅲ、Ⅳ(フランス、フランス語圏)、上級外国語 Ⅰ(フランス語)、世界の言語と文化
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業の前後や授業中に受け付けます。ほか相談は、あらかじめメールなどでアポイントをとってください。詳細は最初の授業でお知らせします。フランス語や検定に関する質問はもちろん、留学や旅行の相談なども受け付けています。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(外国語科目(初修外国語)) 2007~2016 2・3・4
商学部商学科(外国語科目(初修外国語)) WGEF22002 2017~2017 2・3・4
商学部経営学科(外国語科目(初修外国語)) 2007~2016 2・3・4
商学部経営学科(外国語科目(初修外国語)) WGEF22002 2017~2017 2・3・4
経済科学部現代経済学科(外国語科目(初修外国語)) 2007~2016 2・3・4
経済科学部現代経済学科(外国語科目(初修外国語)) WGEF22002 2017~2017 2・3・4
経済科学部経済情報学科(外国語科目(初修外国語)) 2007~2016 2・3・4
経済科学部経済情報学科(外国語科目(初修外国語)) WGEF22002 2017~2017 2・3・4
人文学部人間関係学科心理学専攻(外国語科目(初修外国語)) 2007~2016 2・3・4
人文学部人間関係学科社会学専攻(外国語科目(初修外国語)) 2007~2016 2・3・4
人文学部人間関係学科社会学専攻(外国語科目(初修外国語)) WGEF22002 2017~2017 2・3・4
人文学部人間関係学科教育学専攻(外国語科目(初修外国語)) 2007~2015 2・3・4
人文学部教育学科(外国語科目(初修外国語)) 2016~2016 2・3・4
人文学部教育学科(外国語科目(初修外国語)) WGEF22002 2017~2017 2・3・4
人文学部英語英文学科(外国語科目(初修外国語)) 2007~2016 2・3・4
人文学部英語英文学科(外国語科目(初修外国語)) WGEF22002 2017~2017 2・3・4
法学部法律学科(外国語科目(初修外国語)) 2007~2016 2・3・4
法学部法律学科(外国語科目(初修外国語)) WGEF22002 2017~2017 2・3・4
法学部国際政治学科(外国語科目(初修外国語)) 2007~2016 2・3・4
法学部国際政治学科(外国語科目(初修外国語)) WGEF22002 2017~2017 2・3・4
人間環境学部人間環境学科(外国語科目(初修外国語)) 2007~2016 2・3・4
人間環境学部人間環境学科(外国語科目(初修外国語)) WGEF22002 2017~2017 2・3・4
健康科学部心理学科(外国語科目(初修外国語)) WGEF22002 2017~2017 2・3・4
健康科学部健康栄養学科(外国語科目(初修外国語)) WGEF22002 2017~2017 2・3・4