授業コード 02303100 クラス
科目名 言語と文化Ⅰ(フランス) 単位数 2
担当者 杉浦 順子 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 言語と文化 Ⅰ(フランス、フランス語圏)
授業の概要 「フランス語Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、 Ⅳ」 で習得した基礎をさらに深めていきます。授業は基本的に1)文法事項の習得と2)会話や作文などの表現練習を交互に行います。双方を通して、さらに語彙を広げ、検定対策にも備えます。1)では、既習の文法事項の復習に加え、実践的に言語を使用していくために必要な新しい文法事項を学び、平易なフランス語の文章を読み、理解できるようにしていきます。2)では、日常的な表現を発音とともに学び、口頭で練習します。また学んだ文法事項や表現を使って、簡単な作文にも挑戦します。教材にはフランスのパリとワインの産地として知られるブルゴーニュ地方をあつかったテキストを用い、教材DVDを使用して進めていきますが、ヒアリング力を高めるため、時にはフランスの教材も使用する予定です。また教員も授業中は積極的にフランス語を話していきます。
文化面については、授業のはじめに、その時々でフランスやフランス語圏の国で話題になっていることを取り上げ、日本の事情と比較しつつ、こうした国々の社会情勢や現状に対する関心も高めていきます。
学習の到達目標 基礎的な語学知識を習得し、ある程度まとまった量の平易なフランス語を読み、理解できるようにする。さらに短いフランス語の文章を書けるようにする。習得した文法や表現をできるだけ正確に発音し、それが自然に口から出てくるように、会話のコツをつかむ。また授業を通して、フランスおよびフランス語圏の文化・社会について理解を深め、日仏ならびに日欧との比較文化的視野を獲得する。仏検で言えば4級から、できれば3級習得レベルを目指す。
授業計画 第1回 授業計画についてガイダンス、受講者の関心・モチベーションの発表と自己紹介
第2回 Lecon 1:受動態
第3回 Lecon 1:語調を緩和する条件法:自分の意志をやわらかに伝える;理由を尋ね、それに答える
第4回 Lecon 2:基本の関係代名詞 qui と que ; 形容詞の最上級の復習
第5回 Lecon 2:人を誘う表現とそれに答える表現
第6回 Lecon 3:基本の関係代名詞 où と dont ; 感嘆表現
第7回 Lecon 3:人を誘う表現としてのvouloir;復習問題
第8回 Lecon 4:疑問代名詞 lequel、ほか疑問詞の復習
第9回 Lecon 4:よく使う最上級表現;不定代名詞 onを使った会話
第10回 Lecon 5:条件法(もし〜だったら、)
第11回 Lecon 5:電話の基本表現、電話やインターネット用語
第12回 Lecon 6:代名動詞の復習:日常生活をあらわすいろいろな代名動詞
第13回 Lecon 6:初めて人に会う時の表現
映画鑑賞1:『ユキとニナ』国際結婚と離婚、それに伴う家庭のあり方という今日的なテーマを考える。
第14回 映画鑑賞2:『ユキとニナ』、続き。鑑賞後、クラスでテーマについてディスカッション。
第15回 Leçon 7 : 半過去の復習と前期のまとめ
授業外学習の課題 1.教科書の予習は当然のこと、わからない単語に出会ったら、こまめに辞書を引くこと。
2.定期的にミニ作文を課題とし、提出してもらいます。ほか、課題がある場合は課題に取り組むこと。
4.ネット、映画、テレビなどの情報を通してフランス語圏の文化に興味を持つこと。
5.年に2回ある実用フランス語検定に挑戦すること(過去問、練習問題集などは、貸与可)。
履修上の注意事項  受講者は「フランス語Ⅰ~Ⅳ」を履修しており、初級文法の理解が可能であることが前提になります。また、「言語と文化(フランス語) III」や、より実用的な言語運用の修得を目指した「上級外国語(フランス語)I」と同時に履修することができます。
 なお、受講者の理解度や検定対策のため、授業の予定が変わる場合もあります。またシラバスにある映像作品は予定です。授業の進度や受講者の関心に合わせて、鑑賞作品を変更することもあります。
成績評価の方法・基準 授業への積極的な参加を重視します(ペア練習や授業での積極的な発言、課題作文、予習への取り組みなどを含め50%)。ほか期末試験(50%)とで、総合的に評価します。
テキスト 藤田裕二著、『Paris-Bourgogne フランスの世界遺産と食文化をめぐる旅2』, 朝日出版
修大生協で購入のこと。
参考文献 随時、紹介していきます。
主な関連科目 フランス語 Ⅰ、 Ⅱ、 Ⅲ、 Ⅳ、 言語と文化Ⅱ、 Ⅲ、 Ⅳ(フランス、フランス語圏)、上級外国語 I 、II(フランス語)、世界の言語と文化
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
授業中、随時。質問歓迎。
フランス留学・研修・旅行等の相談も受け付けます。できれば、事前にアポイントをとってください。詳細は最初の授業でお知らせします。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(外国語科目(初修外国語)) 2007~2016 2・3・4
商学部商学科(外国語科目(初修外国語)) WGEF21001 2017~2017 2・3・4
商学部経営学科(外国語科目(初修外国語)) 2007~2016 2・3・4
商学部経営学科(外国語科目(初修外国語)) WGEF21001 2017~2017 2・3・4
経済科学部現代経済学科(外国語科目(初修外国語)) 2007~2016 2・3・4
経済科学部現代経済学科(外国語科目(初修外国語)) WGEF21001 2017~2017 2・3・4
経済科学部経済情報学科(外国語科目(初修外国語)) 2007~2016 2・3・4
経済科学部経済情報学科(外国語科目(初修外国語)) WGEF21001 2017~2017 2・3・4
人文学部人間関係学科心理学専攻(外国語科目(初修外国語)) 2007~2016 2・3・4
人文学部人間関係学科社会学専攻(外国語科目(初修外国語)) 2007~2016 2・3・4
人文学部人間関係学科社会学専攻(外国語科目(初修外国語)) WGEF21001 2017~2017 2・3・4
人文学部人間関係学科教育学専攻(外国語科目(初修外国語)) 2007~2015 2・3・4
人文学部教育学科(外国語科目(初修外国語)) 2016~2016 2・3・4
人文学部教育学科(外国語科目(初修外国語)) WGEF21001 2017~2017 2・3・4
人文学部英語英文学科(外国語科目(初修外国語)) 2007~2016 2・3・4
人文学部英語英文学科(外国語科目(初修外国語)) WGEF21001 2017~2017 2・3・4
法学部法律学科(外国語科目(初修外国語)) 2007~2016 2・3・4
法学部法律学科(外国語科目(初修外国語)) WGEF21001 2017~2017 2・3・4
法学部国際政治学科(外国語科目(初修外国語)) 2007~2016 2・3・4
法学部国際政治学科(外国語科目(初修外国語)) WGEF21001 2017~2017 2・3・4
人間環境学部人間環境学科(外国語科目(初修外国語)) 2007~2016 2・3・4
人間環境学部人間環境学科(外国語科目(初修外国語)) WGEF21001 2017~2017 2・3・4
健康科学部心理学科(外国語科目(初修外国語)) WGEF21001 2017~2017 2・3・4
健康科学部健康栄養学科(外国語科目(初修外国語)) WGEF21001 2017~2017 2・3・4