授業コード 01423000 クラス
科目名 総合教養コース(世界の言語と文化) 単位数 2
担当者 朴 大王 他 履修期 前期授業
カリキュラム *下表参考 配当年次 *下表参考

授業題目 世界の言語と文化
授業の概要 元来、人間と言語、そして言語と文化は切っても切れない関係にあり、そのつながりを理解することは、人間と異文化理解に大いに役立つものと考えられる。
講義は、東から西の方(アジア言語圏からヨーロッパ言語圏)の順で進む。
講義スケジュールは以下の通り。
学習の到達目標 本コースにおいては、マクロ的視野から人間・言語・文化のつながりに照明を当てるとともに、異なる言語・文化間にある共通性と異質性を比較対照することによって、よりグローバルな世界理解が得られる。
授業計画 第1回 ガイダンス       [朴]
第2回 中国        [藤井]
第3回 韓国・朝鮮        [朴]
第4回 北朝鮮         [金]
第5回 シンガポール      [郭]
第6回 タイ          [高田]
第7回 バングラデシュ・ベンガル[高田]
第8回 ドイツ         [山尾]
第9回 フランス        [杉浦]
第10回 イギリス        [吉川]
第11回 チェコ         [矢田部]
第12回 スペイン        [フェラン・サンティアゴ]
第13回 イタリア        [高橋]
第14回 アラビア        [佐藤]
第15回 イスラエル       [佐藤]
授業外学習の課題 2回のレポートにより成績評価をするので、期限厳守で必ず提出すること。
履修上の注意事項 複数の担当者による授業であることと、より広く世界の言語と文化について総体的に知ってもらうため、欠席しないように心がけること。
成績評価の方法・基準 受講態度(20%)とレポート2回(40%+40%)により、評価する。欠席は減点。
テキスト テキストは使用しないが、担当教員によってはプリントを配布する場合がある。
参考文献 授業の都度、指示する。
レポート作成のための参考文献:
保坂弘司 著:『レポート・小論文・卒論の書き方』講談社
澤田昭夫 著:『論文の書き方』講談社学術文庫
主な関連科目 諸外国語関連科目
オフィスアワー及び
質問・相談への対応
講義終了後、担当教員により対応する。

■カリキュラム情報
所属 ナンバリングコード 適用入学年度 配当年次
商学部商学科(教養科目) 2007~2016 1・2・3・4
商学部商学科(教養科目) WGEL14201 2017~2017 1・2・3・4
商学部経営学科(教養科目) 2007~2016 1・2・3・4
商学部経営学科(教養科目) WGEL14201 2017~2017 1・2・3・4
経済科学部現代経済学科(教養科目) 2007~2016 1・2・3・4
経済科学部現代経済学科(教養科目) WGEL14201 2017~2017 1・2・3・4
経済科学部経済情報学科(教養科目) 2007~2016 1・2・3・4
経済科学部経済情報学科(教養科目) WGEL14201 2017~2017 1・2・3・4
人文学部人間関係学科心理学専攻(教養科目) 2007~2016 1・2・3・4
人文学部人間関係学科社会学専攻(教養科目) 2007~2016 1・2・3・4
人文学部人間関係学科社会学専攻(教養科目) WGEL14201 2017~2017 1・2・3・4
人文学部人間関係学科教育学専攻(教養科目) 2007~2015 1・2・3・4
人文学部教育学科(教養科目) 2016~2016 1・2・3・4
人文学部教育学科(教養科目) WGEL14201 2017~2017 1・2・3・4
人文学部英語英文学科(教養科目) 2007~2016 1・2・3・4
人文学部英語英文学科(教養科目) WGEL14201 2017~2017 1・2・3・4
法学部法律学科(教養科目) 2007~2016 1・2・3・4
法学部法律学科(教養科目) WGEL14201 2017~2017 1・2・3・4
法学部国際政治学科(教養科目) 2007~2016 1・2・3・4
法学部国際政治学科(教養科目) WGEL14201 2017~2017 1・2・3・4
人間環境学部人間環境学科(教養科目) 2007~2016 1・2・3・4
人間環境学部人間環境学科(教養科目) WGEL14201 2017~2017 1・2・3・4
健康科学部心理学科(教養科目) WGEL14201 2017~2017 1・2・3・4
健康科学部健康栄養学科(教養科目) WGEL14201 2017~2017 1・2・3・4